fbpx

タイ、プーケットの旅「おすすめ」スポット:6選

f:id:tokozo123:20180928210231p:plain

とこぞうです、僕の初めての海外旅行が

タイのプーケット島でした。

その時からもう10回位は訪れていますが、

ず~と大好きな常夏の島です。

それでは、プーケット島の、とこぞう「おすすめ」スポットを紹介しますね!!

スポット:6選

1.パトンビーチ

f:id:tokozo123:20180928212054p:plain

タイ南部のアンダマン海に浮かぶ「プーケット島」。

タイ最大の島で、エメラルドグリーンの海と白いビーチが美しいことから、“アンダマン海の真珠”と呼ばれています。

温暖な気候のため、年間を通して、ビーチリゾートやマリンスポーツを楽しむことができるのが魅力的です。



そのプーケットを代表するビーチが、ご覧の「パトンビーチ」。

5キロメートル以上にわたって広がる白砂のビーチで、世界中から多くの観光客が集まるメインビーチです。

ご覧のように深く入り組んだ湾になっています。二つの突き出した岬が堤防のような役割をしているため、他のビーチと比べて波が穏やかなのが特徴です。



このため、海で泳ぐことはもちろん、パラセイリングやジェットスキー、バナナボートなど、マリンスポーツが充実。一年中、いつでも海を楽しく遊ぶことができるのが、プーケットのパトンビーチなのです。

f:id:tokozo123:20180928213231p:plain

 

2.バングラ通り

f:id:tokozo123:20180928213604p:plain

 アジア屈指のリゾートアイランド、プーケット。アンダマン海に浮かぶタイ最大の島です。エメラルド色の海と真っ白な砂浜がひと際美しいですが、プーケットの魅力は綺麗なビーチでだけではありません。



プーケット最大のパトンビーチには、「バングラ通り」と呼ばれる繁華街があり、無数のバーがぎっしりと軒を連ね、昼間から夜遅くまで多くの観光客でにぎわっています。

南国ならではの、開放感たっぷりの自由な雰囲気がたまらない!

日常を脱ぎ捨て、大いに楽しみましょう。



こちらが、「バングラ通り」の入り口。夕方になれば歩行者天国となり、大勢の観光客でにぎわいます。大通りの両脇にはゴーゴーバーやビアバーが連なり、派手なディスコミュージックがガンガンに鳴り響いています。さらに、路上ではニューハーフちゃんたちの姿もチラホラ。チップ(100バーツほど)をあげれば一緒に写真を写してもらえるので、旅の記念にいかがです?

f:id:tokozo123:20180928214009p:plain

こちらは、『Tiger(タイガー)』の1階にあるバー。ご覧のようにオープン形式のビアバーとなっていて、ステージでは大胆に肌を露出した女性がポールダンスを披露しています。

“男性天国”のように思われがちですが、西欧人のカップルや、ひとり客の白人女性の姿も多く見られ、日本では味わうことができないエキゾチックで開放的なバーを楽しむことができます。



美しい西欧女性に見つめられ、タイ人女性ダンサーも熱が入ります。

ただ、日本ではなじみのない世界なので抵抗感を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、旅の想い出に冷やかし程度にのぞいてみるのもおススメですよ。

 

f:id:tokozo123:20180928214320p:plain

バングラ通りが盛り上がってくるのは21時頃から。

夜が更けるにつれ人出が多くなり、深夜には最高潮の盛り上がりを見せます。



日付が変わる頃になると皆が注文し出すのがこの“バケツ酒”。タイ産の安酒とソーダ、栄養ドリンクなどをドボドボ注いだだけのものですが、これを飲む頃にはお酒の味もわからなくなっていることが多いので、雰囲気を楽しみつつ回し飲みでグイグイ行くのがタイ流です。

3.ヤエビーチ

 

f:id:tokozo123:20180928215633p:plain

 プーケット観光で絶対に外せないのが、最も賑やかなパトンビ

ーチですが、パトンビーチからすぐ北にある「ヤエビーチ」も

おすすめなんです。

写真の手前に見えるのがヤエビーチで、その奥がパトンビー

チ。どこのガイドブックにもネットでもほとんど紹介されてい

ないヤエビーチは、まさに秘境のビーチです。

 

f:id:tokozo123:20180928215921p:plain

4.カロンビーチ

f:id:tokozo123:20180928220446p:plain

パトンビーチの南にあるのがカロンビーチ。グランド・メルキ

ュールやヒルトンなどの高級ホテルがあります。

カロンビーチの特徴は砂が鳴く「鳴き砂」である事。

ビーチを歩いていると「キュッ、キュッ」と音が鳴ります。

プーケット島の中で一番綺麗なビーチといっても言い過ぎでは

ないでしょう。



パトンビーチ程ではありませんが、カロンビーチの繁華街にも

飲食店やお土産屋がありますので、食事には困る事が無いと思

います

しかし、クラブやゴーゴーバーとなるとパトンビーチまで行か

なければなりません。

パトンビーチへは山を越えてすぐですので、昼間は静かなビー

チで夜はパトンビーチの歓楽街に行きたい方にお薦めなのが、

このカロンビーチです。

f:id:tokozo123:20180928221525p:plain

5.On The Rock

f:id:tokozo123:20180928222723p:plain

カロンビーチはパトン、カタに比べるととても静かで、シーズ

ンによっては海の透明度が高いので目の前に広がる素晴らしい

景色と、レストランの背後に迫る鬱蒼としたジャングルの光景

は、このレストランならではです!

隔絶されたジャングルの高台から海が一望できるという立地が

たまりません。



客層はほとんどが欧米人。そのせいでも在りますが地中海のリ

ゾートに迷い込んだような不思議な雰囲気です。

若い頃に来て惚れ込んだレストランにまた二人で来た、という

素敵なシニア層カップルや、プーケット滞在中に一度は来たか

った、という若いハネムーンナー、マリーナプーケットリゾー

トに宿泊している家族など、落ち着いた客層も魅力の一つで

す。



レストランは客層で印象が変わりますからね…。

リゾートホテル内のレストランなので、スタッフはとても丁寧

で親切、欧米客に慣れているので英語が堪能でテーブルセッテ

ィングもとても素敵です!



夕方から夜にかけて、サンセットの時間から一番海沿いのテー

ブルに座るのがベスト!必ず予約をしておきたいものです。

特にカロンビーチはプーケットの西側にあるため、夕日が美し

いです。

この光景を見ずにして、このレストランに来る意味があるのだ

ろうか?というほど、

夕日に価値があるので、行くなら絶対夕方からがお薦めです!


夜は星空と波音のみ。

これもまた、たまらないリゾートならではの時間と言えるでしょう。

カップル、ハネムナーは一気に気持ちが盛り上がります。

f:id:tokozo123:20180928223322p:plain

6.カロンビューポイント

f:id:tokozo123:20180928225001p:plain

 カロンビューポイント」は、3つのビーチを一度に見渡すこ

とができる素晴らしいビューポイントです。

真っ青な海と、白く弧を描いたビーチ、緑の広まりとのコント

ラストが美しく、複雑に入り組んだ海岸線を楽しむことができ

ます。



丘の上に設けられた展望台から見えるのは、手前からカタノ

イビーチ、カタヤイビーチ、カロンビーチです。

プーケットの魅力を解剖!

f:id:tokozo123:20180928225857p:plain

世界に数多くの絶景ビーチはあるけれど、プーケットほどおも

しろく、刺激に満ちたリゾートアイランドはありません。

世界中の旅行者を惹きつけてやまないプーケットの魅力と

は……。

1.物価が安く、フレンドリーなタイの人々

2.年間を通じて観光ツアーが充実

3.治安がいいので、初めての海外旅行者にもおすすめ



タイの物価は全般的に日本と比べて約3分の1以下。

広々としたプール付きのゴージャズなホテルもリーズナブル。

しかも天候次第で、たとえば雨季のローシーズン(5~10月)

を狙えば料金がかなりお得。

さらに豪華なディナーやスパでリラックス。

乾季のハイシーズン(11~4月)は透き通る海でシュノーケリ

ングツアーやダイビングツアーを楽しむ。

さらに離島に行けば信じられないほど美しいビーチがありま

す!

まとめ、プーケット島観光はこれでキマリ!

タイの物価は日本と比べて安いのですが、プーケットは観光地なのでタイの相場と比べて高いことがあります。

でも、じっくり探せば地元の人が通う屋台などがあり、タイ人価格の安い金額でサービスを受けることも。

タイでは、お金をたくさん出せば、いいサービスが受けられるとは限りません。驚くほど安い金額で、最高の満足感が得られるのがタイの本当の魅力。

“物価が安く、フレンドリーなタイの人々”。それが世界中の旅行者がプーケットを愛してやまない理由です。

では、プーケットの旅を存分に楽しんで下さいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする