fbpx

海外旅行で使う変圧器と変換プラグ、コンセントの形状

海外旅行に行き馴れた人には常識かも知れませんが、変圧器と変換プラグを知らない方も多いのでは無いでしょうか!!

まずは変圧器と変換プラグが何なのか、というところから始めましょう。

海外の多くの国では、日本とは異なる電圧を採用しています。また、プラグの形状も異なることが多いですね。つまり多くの場合、普段使っている機械をそのまま海外に持って行っても使えないのです。

そこで登場するのが、変圧器と変換プラグ。変圧器は電圧を変える機械で、日本と電圧が異なる国でも変圧器を用いることで、日本で使用している機械を海外で使用することができます。

多くの変圧器には変換プラグが付属しているので、ほとんどの国で使用することができます。

変換プラグは、片方はその国が採用しているプラグ、片方は日本のプラグ。電圧が異なる場合は変換プラグを用いても使用することができないので、ご注意ください。

変圧器が必要でない機械

ややこしいことに、日本では変圧器が必要な機械とそうでない機械があります。変圧器が必要でない機械の代表格が、パソコンやスマートフォン。これらの電源プラグは対応電圧が100V~240Vまで対応しているので、変圧器がなくても海外で使うことができます。

電源プラグや機械に付いているシールに「対応電圧100V~240V」と書いてあったら、変圧器は必要ありません。一方、変圧器が必要な機械は「対応電圧100v~240v」と書いていない機械です。旧型の携帯電話やドライヤーは必要ですね。

変圧器の定格容量

「よし、変圧器を買った。これで全ての機械を使えるのでしょ」いやいや、ちょっと待ってください!容量はチェックしましたか?変圧器はそれぞれ対応できる容量が決まっています。

もし変圧器の定格容量を超えて使用すると、プラグから煙が出てその機械を使用することができなくなります。

チェックは簡単。まずは変圧器に書いてある「定格容量」をチェックします。次に、海外で使う機械の消費電力をチェックします。変圧器の定格容量>機械の消費電力になっていればOK。ただし、変圧器の定格容量の8割くらいに留めておきましょう。

旅行先の電圧をチェック

ここでは簡単に人気渡航地の電圧をチェックしたいと思います。

ハワイ:120V
グアム:120V/240V
オーストラリア:240V/250V
韓国:110V/220V
台湾:110V/220V
フランス:127V/230V
イギリス:230V/240V
ドイツ:127V/230V

タイの電圧

タイの電圧は220V(ボルト)となっており、日本より高い電圧です。 コンセントの形状は同じですが。 電圧が違う為、日本の電気製品を使うには変圧器が必要です。 世界的に販売されているiPhoneなどの携帯電話、デジタルカメラ、ノートパソコンの充電器は、220Vに対応している製品もあります。

ベトナムの電圧

べトナムの電圧は220V(ボルト)となっており、日本より高い電圧です。 コンセントの形状は同じですが。 電圧が違う為、日本の電気製品を使うには変圧器が必要です。

ベトナムは日本と同じ『Aタイプ』が採用されています。現地で売られている機器は『Cタイプ』であることも多くありますが、プラグ側がAとCのマルチ対応になっているため、困ることはほぼありません。

コンセントの形状

タイのコンセントの形状

タイでは日本で使用されているものと同じ、Aタイプの形をしたコンセントがあります。

その他に丸い部分が3つあるB3タイプ、日本式コンセントの棒の形が丸くなったCタイプがあり、コンセントの形は合計3種類です。コンセントの形が一つしかない日本に住んでいると、違和感を覚える方も多いでしょう。

ただ、3タイプとも使用可能な汎用型のコンセントもあるので、旅行ではそれほど困ることはありません。歴史あるホテルではCタイプのコンセントも見るという程度ですし、プラグの差込口の違いを補う『変換プラグ』は、100円ショップなどでも入手できる上に軽量です。保険としてスーツケースに一つ忍ばせておけばよいでしょう。

ベトナムのコンセントの形状

ベトナムの電源プラグ・コンセントの形状は、AタイプまたはCタイプが一般的に使われています。AタイプとCタイプどちらも差し込める兼用タイプが多く見られます。日本の電源プラグはAタイプなので、変換プラグなしで差し込めることも多くなっています(ただし電圧が違う為、変圧器が必要な場合もあります)。

まとめ

とこぞうは、海外旅行はほとんどタイかベトナムなので10年前に買った変圧器とプラグを今でも使っていますが、全然大丈夫ですよ。

もし変圧器や変換プラグで分からないことがあれば、積極的に電気屋の店員さんに尋ねましょう。海外で日本の機械に合った変圧器や変換プラグを買うのは至難の業。間違いのないように慎重に購入してくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする