fbpx

【注意】タイ旅行は実は危険?危険な食べ物ランキング・トップ3

f:id:tokozo123:20181031193009p:plain

とこぞうです。

危険の多くは「少しの予備知識」で回避できることが多いんですよ!タイには絶対

に食べないほうがいい「危険な食べ物」があるって、知っていますか?絶対に避け

て通るためにも、その「危険な食べ物」についてきちんと知っておきましょう。

決して慣れではないんです。お腹壊して病院に行って注射や点滴の処置がタイ人で

も必要になる事があります。

東南アジアで食べると危険な食べ物

とこぞうの数少ない自慢の一つが、何でも食べられる事です。

タイからの帰国後、嫁ちゃんは必ずお腹を壊しますが、とこぞうは意外と平気な時が多いですね!

もし、貴方が心配ならば旅行1週間前からビオフェルミンを飲んでおくと、殆どお腹を壊さないですね!!(個人差はありますが。)

辛い物や甘いものが大好きで、勧められれば大抵の物は食べますが、タイや東南アジアではこの自慢がかなり危険なのです。

とこぞうも、この10年位で東南アジアは15回ほど行ってますので色んなものを食べてきました。

そんな数多くの食べ物を食べてきたとこぞうなので、「これは、大丈夫かな?」とか「これはチョット危ないな!」とかが解るようになってきましたので、タイの食べ物危険度ランキングを発表しますね。

危険な食べ物:ランキングTop3

ガイドブックには美味しそうな食べ物が沢山でている中で、注意書きで氷や水、カットフルーツなどは食中毒の原因になるので口にしない方が無難です。と書いてあるのに、その数ページ後からは美味しそうなかき氷や、カットフルーツ、アイスクリームなどの店の紹介がじゃんじゃん載っています。

その矛盾さに・・・どうすりゃいいのよ?食べても良いの?駄目なの?って 思いませんか!!

屋台料理や生もの以外は、基本大丈夫ですが飲み水は現地の人ですらPETボトルで購入です。東南アジア方面はやはり飲み水は購入って思っておいて下さい。

ちなみにとこぞうは、タイに関してですが氷関係のものはあまり気にせずに食べます。氷水/カキ氷/シェイクなんかは普通に食べたり飲んだりします。屋台で売っているカットフルーツもよく食べます。だからと言ってお薦めするわけじゃありませんよ!!

お腹の調子を悪くしてせっかくの旅行が台無しになるのは、本当に最悪です…

しかしながら気にしすぎて身構えてしまうのも旅の醍醐味が減ってしまうのでは…とも思います。

あ!余談ですが、下痢になったからと言って「食あたり」って一概には言えないかもですよ。私の場合は、お腹の調子が悪くなったな…と思ったら胃薬(整腸剤)を飲みます。大抵の場合、これで調子がよくなります。スパイシーな食事や冷たい飲み物などで胃腸が弱ってることの方が多いかもしれませんよ?

これから紹介する料理3品は危険ですので、絶対に食べないで下さいね!

Top1 ソムタム・プー

f:id:tokozo123:20181031115347p:plain

この料理はかなりヤバイです!!

タイに住んでいる日本人に「絶対に食べてはいけないタイの危険な食べ物」は何ですか?と聞けば10人中10人が「ソムタム・プー」と答えます。

この「ソムタム・プー」は現地のタイ人でも危険な食べ物と認識しているタイ料理危険度No1、最強の1品です。

この料理は、タイ料理でも有名なパパイヤサラダ、ソムタムの一つで、とこぞうの嫁ちゃんもサラダは大好きでタイに行くと必ず食べる1品です。

普通のソムタムは、「ソムタム・タイ」と言います。

これは、食べても大丈夫。とてもおいしいので、タイに来たら是非食べてもらいたい一品です。

「ソムタム・プー」はそのパパイヤサラダのソムタムに生のカニをつぶしていれるのです。

しかも、そのへんの田んぼで捕れるカニを、生のまますり潰して風味を出すそうです。

それにこのソムタム・プーには、「肺吸虫」という寄生虫のおまけつき。

タイ人は数ヶ月に1度、虫下しを飲む人が多いそうですからね。

ソムタム・プーには絶対に手を出さないようにして下さいね!

Top2 ラープディプ、ゴイディップ

f:id:tokozo123:20181031130343p:plain

この料理もヤバイですが、Top1の「ソムタム・プー」はかなり生臭いのでラープディプ、ゴイディップは、2位になりました。

(とこぞうは生臭いのは大の苦手です。)

 

ラープディプとゴイディップは、牛生肉のサラダです。日本で生肉を食べることはほとんどありませんよね。

 

日本でもユッケ等で問題になったこともあるほど、生肉はあたりやすい食品です。

 

タイの生肉は仕入れの段階から大きな市場で日の当たる場所で購入されていることもあります。

 

タイ当局が選んだ、食中毒になりやすい料理でラープディプとゴイディップが1番に挙がっていることからもわかるように、生肉には手を出さないようにしましょう。

 

勧められても、なんとか食べないように乗り切って下さい。

ほぼ100%あたります。永年の食文化の違いで、タイ人とは胃の作りが違うんだと思います。

 

ちなみに、タイでもよく食中毒でニュースになります。

政府は食べないように呼びかけているんですけどね。

Top3 クン・シェー・ナンプラー

f:id:tokozo123:20181031114642p:plain

非常においしそう見えますが、タイにはクン・シェー・ナンプラー(生えびのタイ風マリネ)なども食中毒の危険性があるのは言うまでもなく、食べなれているはずのタイ人もお腹を壊すこともあります。

タイの海老なんて火を通してあってもお腹を壊すことがあるのに、

それを生で食べるなんてハイリスク過ぎる!

クン・シェー・ナンプラーはエビそのものを楽しむ料理である、エビが大皿の上に美しく盛り付けられ、たれであるナンプラーと呼ばれる魚じょうゆを付けていただく。一見するとエビの刺身と代わり映えしない料理のように思えるが、クン・シェー・ナンプラー独特の注意点があります。

主役のエビはゆでるか生かを選べる。ただし、タイで生鮮食料品を生食する場合、食中毒の恐れがあるので、細心の注意が必要になってくる。シーフード料理を専門に扱っていて店内が清潔に維持されているか。また、海や養殖場の近場かどうかは判断材料となります。安全面に確証を得られない場合、ゆでエビを選ぶのが賢明ですね。

食べてみたいという人は、回転のいいタイ料理店で食べてみてくださいね。

もう一点はたれであるナンプラーが激辛なこと。タイ語で「ねずみのふん」と称される唐辛子がこれでもかと入っており、分量を間違えてしまうと舌の上が大惨事に見舞われるのでご注意を。

タイ旅行の必需品!

タイ旅行で1番の必需品は旅行障害保険付きのクレジットカードです。

なぜなら、観光客に多いのが、タイは冷房がガンガン効いていますので、観光客は外との気温差に体が対応できず体調を崩してしまうケースや、タイの食事はきつい香辛料や生ものを使っている料理が多く、お腹を下してしまうなどが多く挙げられます。もし食中毒になれば、そんな時は自分で治すことよりも病院に行って治す事をお勧めします。

えっ!タイの病院って大丈夫なの?と思われる方も多いはずですが、安心してください!

タイは日本と同じく、医療基準が高いので日本と変わりがない治療を受ける事ができます。

病院を選ぶ際は国立病院などは割と、安値で利用できますが、タイ語しか話す事ができないスタッフが多いですが、私立の病院に行けば、英語も話せるスタッフも常駐しています

(料金は国立に比べて割高)

f:id:tokozo123:20181031201747p:plain

そこで、お薦めするのがSPGアメリカン・エキスプレス・カード

高額補償で旅行も安心!

旅行傷害保険は国内・海外両方付帯!海外旅行傷害保険なら最高1億円(うち利用付帯5000万円)。国内旅行保険も最高5000万円が自動付帯となっています。

海外旅行なら2~3回いけば年会費分が十分にモトが取れるでしょう。

 

旅行傷害保険は同伴した家族の分まで補償。急病によるキャンセルなど”傷害”以外の補償も丁寧に行ってくれます。

その他の特典として

1.マイル還元率が1.25%

2.マイル移行先が40社以上

3.毎年SPG&マリオットの高級ホテルに1泊の無料宿泊

4.SPG&マリオットのゴールド会員

5.アメックスのカード特典として空港ラウンジ利用・旅行保険

6.空港からの手荷物宅配サービス付き

こんなメリットが盛りだくさんの最強クレジットカードなんです。

アメリカン・エキスプレス・カードのご紹介です。 

こちらのリンクよりご入会いただくと、ボーナスポイントを獲得いただけます。 

是非、この機会にお申し込みください。

SPGアメックス入会キャンペーンは下のリンクから!

f:id:tokozo123:20181031154646p:plain

その他にお薦めするのが、NEO  MONEY(現地通貨を引き出せるプリペイドカード)と

とこぞうが、旅行に行くときに利用する格安ホテルの予約サイトのagodaです。

(SPG以外のホテルを予約する時は、ほとんどアゴダで予約します。)

NEO MONEY(プリペイドカード)

国内・海外のVisaまたは銀聯加盟店でのショッピングや 海外ATMでの現地通貨引き出しなど、 世界各国で便利に使えるプリペイドカードです。

とこぞうは毎年1~2回タイかベトナムへ旅行に 出かけますが、毎回思うのが現金(日本円)を いくら持って行こうか悩みますね。 ...

海外・国内ホテル格安予約のアゴダ

《agoda》海外・国内ホテル格安予約のアゴダ

海外・国内のホテル・宿を格安で予約するならagoda(アゴダ)。

agodaは世界中で75万軒以上のホテルを最大75%OFFで取り扱っているオンラインホテル予約サイトです。

まとめ

危険度をランキング順にすると、こんな感じ。

第一位 ソムタム・プー(生の沢蟹)

第二位 ラープディプ、ゴイディップ(生肉)

第三位 クン・シェー・ナンプラー(生エビ)

注意するべきは、生ものは避けたほうがいいですね。

火が通してあったとしても、売られている場所や状況に注意しましょう。

あと、食中毒を避けるのに大切なことは、

危ないと思ったら食べないこと。

見た目、匂い、味の直感は大事です。

タイの屋台料理はできれば避けて、ちゃんとお店を構えてる店でも十分に安いですから、旅行者の方はなるべくならそっちで食べたほうがいいですね。

タイはすばらしい国です!

とこぞうも、1度来てタイにハマり、6~7回は旅行に行って

ますが来年4月にも水かけ祭りに行く予定です。

タイ旅行を楽しい思い出にするためにも、危険な料理はなるべ

く避けてくださいね。

今日のお薦めキャンペーン

SPG   アメリカン・エキスプレス・カード のご紹介です。 こちらのリンクよりご入会いただくと、ボーナスポイントを獲得いただけ...
  今日のモッピーのお薦め「キャンペーン」は JALカード「VISA」がポイントUP中です。   通常1000Pが10倍の10000Pです...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする