国内格安航空券予約サイト「スカイ・チケット」

国内格安航空券販売「エアトリ」

2019年2月3日タイの6空港が完全禁煙に!空港への持ち込み制限

更新日:

世界各国の通貨を現地ATMで引き出せるプリペイドカード

タイの主要空港は全面禁煙

 

とこぞう

どうも、ブログアフィリエィターのとこぞうです(@tokozo123)。

2019年2月3日から、タイ空港公社(通称AOT)が管理する主要6空港が全面禁煙となりました!

 

喫煙者の方は要注意ですよ!タイの空港での喫煙は罰金対象だそうです。

嫁ちゃん

 

え、タイの空港でもうタバコは吸えないの?

JALホームページを見ていたらバンコク・スワンナプーム空港のサクララウンジの喫煙所が閉鎖されたとのプレスリリースを見ました。

 

とこぞうは10年前に禁煙をしてタバコは吸いませんが、

喫煙所が閉鎖?なぜ?と調べてみると、スワンナプーム空港全体で喫煙禁止となったようです。さらに進むとバンコクの6つの空港で禁煙となりました。

タバコを吸う人でタイに向かう人は十分に気を付けてください。

 

タイの空港を運営するタイ空港公社(AOT)によると、

2019年2月3日よりAOTが運営するタイ国内の6つの空港

(チェンマイ、チェンライ、ドンムアン、スワンナプーム、プーケット、ハジャイ)が全面禁煙になります。

この措置は、2月3日よりはじまる新しい喫煙ルールでは、公共の施設の入り口から半径5メートル以内が禁煙となるために取られたもの。

これからは長時間のフライトを終えた後に空港の外で一服・・・ということは不可能となります。愛煙家にはますます厳しくなるタイなのです。

 

喫煙に基本的には、おおらかな感じのある東南アジアですが、タイはかなり喫煙者に厳しいようです。

 

 

Sponsored Link

タイ観光庁の重要なお知らせ

「タイの空港 禁煙」の画像検索結果

 

タイ空港の全面禁煙について

●2月3日から,タイ国内の6箇所の空港では全面禁煙となっています。違反した場合は罰金支払いが求められますので,ご注意ください。
●タイでは,たばこに関して制限や罰則がありますので,併せてご注意ください。

報道等によれば,タイ国内にある6箇所の空港(バンコク(スワンナプーム,ドンムアン),プーケット,チェンマイ,ハジャイ,チェンライ(メーファールアン))では,2月3日から全面禁煙となっています。これに伴い,各空港における喫煙所は閉鎖され,空港ターミナルビルの屋外においても禁煙となりました。違反した場合には5,000バーツの罰金支払いが求められるとのことです。

なお,本件に限らず,タイではたばこに関して制限や罰則があります。違反した場合は罰金が科されます。支払いを拒否した場合は身柄を拘束される可能性もあります。

(1)入国時のたばこ持ち込み:一人につき1カートン(200本)まで
(2)電子たばこの持ち込み及び使用は禁止
(3)公共施設や商業施設等では,屋外の喫煙スペースを除き原則全面禁煙
(4)たばこのポイ捨ては禁止

在留邦人及び旅行者の皆様におかれましては,上記次第を踏まえて十分ご注意の上,安全で楽しい滞在,休暇をお過ごしください。

(問い合わせ先)
在タイ日本国大使館領事部
電話:(66-2)207-8500,696-3000
FAX :(66-2)207-8511
所在地: 177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330
(ウィタユ通り,ルンピニー警察署とMRTルンピニー駅のほぼ中間)

引用:タイ国政府観光庁

 

タイを代表する主要空港がすべて禁煙

「タイの空港 禁煙」の画像検索結果

改めて注意!タイ国内のタバコに関する主な規制

・日本製品問わず、電子たばこの持ち込み及び使用は禁止
・水タバコ(シーシャ)の持ち込み及び使用は禁止
・外国からのたばこの持ち込みは一人1カートン(200本)まで
・公共施設や商業施設等は原則全面禁煙(野外を除く)
・6大空港敷地内での喫煙は全面禁止

在タイ日本国大使館や地元報道などの情報によると、禁煙の対象となった空港はバンコクのスワンナプームとドンムアン、プーケット、チェンマイ,ハジャイ,チェンライの6箇所。

違反した場合、5,000バーツ(約17,000円)の罰金支払いが科せられ、未払いや賄賂要求などがあった場合は身柄を拘束される可能性もあるとのこと。

 

 

サクララウンジ内の喫煙スペースを閉鎖

「タイの空港 禁煙 さくらラウンジ」の画像検索結果

日本航空(JAL)は2019年2月3日(日)、バンコク・スワンナプーム国際空港3階にあるサクララウンジ内の喫煙スペースを閉鎖しました。

タイ当局の指示による措置で、スワナプーム空港施設と敷地内外の全てのエリアが禁煙となりました。

このサクララウンジは、JMBダイヤモンド、JGCプレミア、JMBサファイア、JALグローバルクラブ会員が利用できます。

2人目から3人目の同行者は、マイルと交換できるラウンジクーポンの提示が必要です。

また、エコノミークラスのFlex Y運賃、プレミアムエコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラスのいずれの搭乗クラスを利用の場合もラウンジを利用可能です。

 

 

プーケット限定の喫煙通報制

ポイ捨てももちろん禁止

年々タバコに関する規制が厳しくなるタイ。今月の2月1日にはプーケット空港のゼネラルマネージャーがプーケット空港エリア内での喫煙者した場合、違反者の喫煙姿を撮影して空港スタッフ通報すれば1,500バーツの報奨金渡す制度を発表。

(報奨金は逮捕することが条件。/違反者には罰金5,000バーツ)

定期的に喫煙規制を強化し、たばこ税も値上がりしている現状。

タイは確実且つ強制的に禁煙国家に向かっている・・・・!!

プーケット空港では…
喫煙者を通報したら1500バーツ(約5000円)の報奨金がもらえるという制度💰

条件は、

✅写真撮影
✅空港スタッフに通報
✅喫煙者の逮捕

が条件‼️

違反者は罰金5000バーツ(約15000円)💰

皆さん、タイでの喫煙は十分気を付けて下さいね!

 

タバコと電子タバコ(アイコス)の持ち込み制限

iqos-arrested

タイ国内に持ち込めるタバコは紙巻であれば200本(1カートン)、葉巻は250グラムまで、電子タバコは付属品を含むすべてが持ち込み不可となっています。

特に電子タバコは厳しいです。

タイでは電子タバコ禁止令が2014年12月27日から発令。違反した場合、最高で10年の懲役、50万バーツの罰金のいずれかが処せられる。

 

バンコク、特に日本人が多く暮らすスクンビットで、IQOSやVapeなど電子(加熱式)タバコの所持・使用による日本人の逮捕者が続出しているそうです。

YiNDEEDでは以前から下の記事などで注意喚起を促してきたが、タイでは電子タバコ(加熱式含む)の所持および使用は違法であり、違反すると最高で懲役10年、罰金50万バーツ(約170万円)のいずれかが科される。

これほど重たい罰則にもかかわらず、バンコクやパタヤ、プーケットなどの観光地では、電子タバコを吸っている日本人をよく見かける。

警察に見つかれば、もちろん「知りませんでした」では通用しません。

とうとう先週、知人の(S氏)がIQOS使用の現行犯で逮捕されてしまいました。

警察署に連行され、罰金5万バーツ(176,000円)を請求され、最終的には2万バーツ(70,000円)を支払ったそうです。

 

最近、車輌検問がいたるところで行われているそうですが、検問の所持品検査でiQOSや電子タバコが見つかれば、現行犯逮捕となる可能性が高いです。

S氏は、「法律は知っていたけど、まさが自分が捕まるとは思ってもみなかった」と言っていましたが、おそらく大半の方がそう思っているのではないでしょうか。

電子タバコの所持・使用で多くの日本人が捕まっているのは事実です。
在住者、観光客を問わず、iQOSやVape、電子タバコの類はタイでは控えるべきでしょう。

せっかくの楽しいタイ旅行が警察に捕まり、台無しにならないよう、くれぐれも注意してほしいですね。

 

普通のタバコより厳しいですね。

嫁ちゃん

 

電子タバコの方が害はないので禁止する必要はない気がしますが、マレーシアで電子タバコが爆発的に人気となり、マレーシア産の電子タバコ輸入が増えるとタイ国内で痛手となるので禁止した。

そんなことも言われているようです。

電子タバコをタイ国内に持ち込んだと言うニュースはたまに流れてます。

知らないで街で吸ったでは済まされないので気を付けてください。

 

 

まとめ

とこぞう

如何でしたでしょうか?

2019年2月3日からタイの6つの空港で全面禁煙に。

とこぞうは吸わないので問題はないですが、吸う人は到着しても吸えないとなると結構厳しいかもしれませんね。

ヘビーユーザーなら今回の件でタイは行けないなぁ、と言う人もいるかもしれません。

とこぞうが思うに、タバコよりも電子タバコの規制が厳しいので日本人は特に気を付けなければいけないです。

S氏によると、警察署にいた数時間の間に何組もの日本人がiQOSの使用で連行されてきたそうです。

日本人がiQOSを愛用していることは警察の間でもよく知られており、日本人が多く集まるスクンビットの各所

(フジスーパー各店、クラブタイランドカフェ、ソイカウボーイ、スクンビット通り、ナナ周辺)で重点的に取り締まりを行っているそうですよ。

 

 

 

*関連記事*

 

 

 

東南アジア(タイ・ベトナム)旅行にチョイ興味があるな!と思う方は
下記のHOMEボタンをクリックして下さいね!!

 

 

海外旅行と言えば言葉の問題でしりごみする人が少なからずいると思われます!

たしかに、英会話はヒアリングが出来なければ難しい面もありますが、とこぞうも英会話はぜんぜんダメで数々の英語学習にチャレンジしてきましたが、話せるようにはなりませんでした。

所が、最近みつけたEEvideoという英会話学習法はすぐれもので、

英語のニュースや映画,アニメなどで英語を学習するサービスで,英語が苦手なユーザーでも快適に視聴できるように,学習をサポートする機能を備えています。

サポートはユーザーの英語レベルに合わせて表示でき,PCとiOSアプリ,Androidアプリに対応しています。

無料で利用できますが,すべての動画を視聴するプランは30日1,000 円です。

とこぞうもこのEEvideoのおかげで、かなり英会話が上達して語学のプレッシャー無く海外旅行を楽しめるようになりました。(笑)

【サンプル】トランプ大統領就任演説 冒頭

※YouTube用のサンプルのため,EEvideoの機能は利用できません。サンプルの続きは,EEvideoで無料で視聴できます。

 

【関連記事】

 

 

 

お気に入り一覧表示はサイドバー(カテゴリー検索)の上にあります!

お気に入りに追加

Trip.com

Trip.com

旅行予約のエクスペディア

航空券+ホテル【エアトリ】

【おすすめ】海外旅行で便利&お得なカード・ランキング

1位 【NEOMONEY】

海外専用プリペイドカードの1種で、クレディセゾンが提供しているサービスです。

他の海外専用プリペイドカードと比較して、取り扱い通貨が約30種類と豊富なのが特徴です。

留学や修学旅行などで、お子様が海外渡航されるとき、

多額の現金を持たせるのは不安です。

13歳以上の方からお持ちいただけるNEO MONEYなら、

ご本人に代わってご家族が入金(チャージ)できます。

2位【SPGアメリカン・エキスプレス】

SPGアメックスというクレジットカードがあります。

正式名称は「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」です。

Marriott Bonvoyのゴールドエリート会員資格、毎年の無料宿泊プレゼント、ポイントを40社以上のマイルに移行可能、

ポイントの有効期限が実質無期限などが人気のクレジットカードです。

陸マイラー、ホテルを楽しむ人達の間で最も人気のあるクレジットカードになります。

3位 【JALカード】

【JAL国際線特典航空券PLUS】

この制度の導入によりタイやベトナム方面のマイル数が以前だと片道17,500マイル必要でしたが

片道12,500マイルに変更になり、以前と比べ格段にJAL国際線特典航空券が取りやすくなりました。

この機会に、ぜひJALカードでマイルをためて海外旅行にチャレンジして下さいね!

 

 

-②タイ旅行編

Copyright© とこぞうの「禁煙」で始める「海外旅行」 , 2019 All Rights Reserved.