アゴダなら旅の可能性は無限大

海外・国内ホテル格安予約のアゴダ

アジア最強のagodaは最もお得な海外ホテル予約サイト!評判・口コミは?2020年最新版

更新日:

海外・国内ホテル格安予約のアゴダ

画像

 

 

旅の目的地が決まれば次に決めるのは、宿泊施設。旅行に掛ける費用で削りたいのは宿。という人も多いのではないでしょうか?

そこで利用したいのがホテル予約サイトの「Agoda」で安くホテルを取る方法やコツを紹介していきます。

agodaは外資企業ということもあり初めて利用する人で不安という声も良く聞きますので、周りの旅行好きや一部ネット上の声も拾いながら、実体験ベースでagodaの総合評価を記載していきます!

 

Sponsored Link

目次

agoda(アゴダ)とは

f:id:tokozo123:20200129112311p:plain

agoda(アゴダ)とは、アジアの太平洋地域を中心に展開を広げている、予約サイトです。

数ある旅行予約サイトの中で最も利用者が多いともいえる人気サイトで、東南アジアを中心としたアジアの地域を中心に展開されているAgodaですが、事業者にとっても集客力アップのツールとして大きな注目を集めています。

世界最大のオンライン旅行会社、米国の『プライスライン』グループの一つで、シンガポールに本社を置いています。

他の予約サイトに比べて、低価格で驚くような金額でホテルに泊まることができます。

使い方も分かりやすく、豊富なレビュー数が魅力と言えます。

同じサービスを行っている、「Booking.com」より規模は大きく、ホテルの掲載数は世界中に約75万軒あります。

 

Agodaの概要

Agodaは世界中で利用されている旅行予約サイトです。

世界2大OTAグループとして知られるブッキング・ホールディングス(Booking Holdings Inc.)の傘下の独立ブランドとして、ホテル予約のプラットフォームを展開しています。

OTAとは

OTA(Online Travel Agent|オンライン・トラベル・エージェント)とは、インターネット上だけで取引を行う旅行会社のことを差します。

Expediaをはじめ、たくさんのOTA業者がありますが、利用者にとっては複数の宿泊施設や航空券を比較できることから、非常に便利なものとなっています。

また宿泊施設側にとっては、より多くの利用者に施設をプロモーションできることから、集客力アップにかかけないツールとなっているのです。

 

注意!Agodaの利用料金は変動する

Agodaを利用する際に注意が必要な点として、利用料金が変動するということです。

低価格で豊富な宿泊先を比較できるAgodaですが、掲載されているホテルの料金は日々変動しているので注意が必要です。また、掲載されている料金は税・サービス料が含まれていないので、最終的な料金が変動します。

さらに、旅行予約サイトの多くは現地払いと事前払いを選択できる場合が多いですが、Agodaは事前払いが基本となっています。

 

agodaの評判:結論

agodaは世界一位の時価総額を誇る旅行会社「Booking」グループに所属しており、アジア発祥ということもあり、アジア地域の在庫に特に強いです。

アジア地域に旅行に訪れる際はagodaがかなり安い率は高いです。

先に結論として述べるとagodaはホテル予約サイトとしてかなりおすすめです。

【なぜagodaはおすすめか】一言で言えば、一番安い上にサービスが良いからです。

ポイント

  1. 日本語サポートがある10サイトの中で最も安くなる回数が多かった
  2. ポイントだけでなくマイル / 最低価格保証サービスがある
  3. 組み合わせ予約を提示してくれる

外資とは言え世界規模の大きさの会社であり安全性も問題なく、サイトの使いやすさ・ホテル評価の付け方・安さなど評判も基本的に高いです。

ネット上で悪い評判もいくつかありますが現在は解決されているものが多く、とこぞうも10年以上前から実際何回使っても被害にはあっていません。

但し気をつけた方が良いこともあるので、対策も紹介していきます。

 

 

agodaの良い評判:メリット

agodaは総合して評判良いですが、実際にどのあたりが魅力的なのかメリットを解説していきます!agodaの良い評判の種類を大きく分けてこの6種類となります。

agodaの良い評判まとめ

①予約方法の分かりやすさ(本文該当項目:評判5)

②ホテルの比較しやすさ(評判6/7/8/11)

③ホテル価格の安さ(評判1/2)

④料金の支払体系の選択肢(評判3)

⑤ホテル評価の信憑性(評判4)

⑥カスタマーサービスが日本にある安心感(評判9/10)

良い評判①:ホテル料金の安さ

まずホテル予約でほぼ全員が気にする料金の安さ。ホテルは同じ施設でも予約媒体・予約方法によって価格が大きく変わり得ます。agodaは常に最安値保証を提供しているので料金の安さは間違いないです。

同グループで運営するBooking.comと合わせ、ダントツの世界No.1規模ホテル予約サイトなので、規模の原理により各ホテルからより安い価格で部屋を仕入れることができています。

 

良い評判②:クーポンの豊富さ

f:id:tokozo123:20200129121620p:plain

agodaは普通のホテル予約でもかなり安いのですが、たまに圧倒的な安さでのホテル予約を実現することができます。

agodaはクーポン機能がかなり豊富で、空き状況に合わせて付与される「自動適用の割引クーポン」と「地域限定の割引クーポン」がサイト内にあります。

「地域限定の割引クーポン」は毎週5都市程度が選ばれ、各都市のホテルが5〜10%程度割引になりますので、一度はこのページを確認してみる価値ありです。

他サイトと連携したクーポンや、特定のクレジットカード決済の場合に適用される大型割引クーポンなど多くの種類が、期間別に適用されています。

併用可能なものも多いのがまた嬉しいです!

agodaは使えるクーポンの種類が非常に多いので重宝しています(笑)

 

良い評判③:料金の支払形態

f:id:tokozo123:20200129123808p:plain

 

agodaは料金の支払体系が以下の3つに分かれており、支払いを後に遅らせることもでき、人によっては嬉しいという人もいます。

agodaの3種類の支払い方法

1. 『今すぐ支払う(今日予約して今日支払い)』:クレジットカード払い

2. 『後払い(今日予約でも支払いは後日)』:クレジットカード払い

3. 『宿泊施設へ直接支払い』:クレジットカード or 現金支払い可能

「2.後払い」と「3.宿泊施設へ直接支払い」の場合はキャンセル無料期間までは、キャンセルも自由にできます。

 

良い評判④:ホテル評価の信憑性

f:id:fuuujikko:20190303153751p:plain

ホテル評価の点数の信頼性はかなり高いです。

個人的にもagodaで予約したホテルはほとんど事前にみていた評価通りのランクでした。

Web上での口コミでもagodaのホテル評価の妥当性は評価されていますね。

「良い評判11の口コミ内容の豊富さ」にも関連しますが、信頼性と関連性の高い口コミが豊富だからこそ、ホテル評価のロジックもより正確なものとなっているのでしょう。

 

良い評判⑤:予約方法の明瞭性

f:id:tokozo123:20200129124659p:plain

agodaはホテルの予約手順もかなり簡単です!TOPページから始めても5STEPですべて完了です。

ポイント

1.宿泊都市&宿泊予定日を選択
2.ホテル一覧ページ(ホテル比較画面)
3.ホテル詳細画面
4.宿泊者情報入力画面
5.カード情報入力画面

各比較ページも情報量が多いのにユーザー別に選びやすい便利な仕様になっており、次の良い評判でもあるホテル比較のしやすさにも繋がっています。

 

良い評判⑥:ホテルの比較のしやすさ

f:id:tokozo123:20200129125322p:plain

各旅行先には異常な数のホテルがあり、特にこだわりのホテルをもっている人でなければかなり悩みますよね。

agodaはユーザー別に重要視する観点が異なることを前提として、あらゆる種類の並び替え機能・絞込み機能がつけられており、自分の条件・好み・ニーズにあったホテルを見つけやすいです。

ⅰ. 4種類の軸の並び替え機能

ⅱ.地図で選択

ⅲ.条件で絞り込み

 

良い評判⑦:ホテル情報が非常に豊富

f:id:tokozo123:20200129125824p:plain

 

ホテル詳細画面は情報量がかなり多く、宿泊するか検討しているホテルのあらゆる情報を把握できます。

「客室種類・施設/設備・お子さま・エキストラベッド情報・クチコミ」の5つの要素に分かれています。

 

良い評判⑧:同ホテル内のプランが豊富

f:id:fuuujikko:20190302115056p:plain

同じホテルでもagoda内で複数プランが用意されているので、予算感やニーズに応じて個々にあった予約内容が見つかりやすいです。

良い評判⑨:カスタマーサービスの安心感

特に海外旅行になると不安なことも多く、ホテル予約でのトラブルは大きな危機にもなり得ます。ほとんどの現地ホテルはもちろん日本語は通じませんので、予約サイト自体のカスタマーサービスが強いことは安心感が強く、だからこそ日本企業は重宝されます。

外資企業であるagodaも日本にオフィスを設置しており、カスタマーサポートも日本にあるのでもちろん日本語対応もバッチリです。3年ほど前はカスタマーサポートの対応の悪さが度々取り上げられていましたが今ではほとんど悪評を聞かないですね。

agodaは日本語での電話対応もしています。9:00~24:00で年中無休です

【日本語カスタマーサービス受付番号】

国内から発信:03-5767-9333

国外から発信:+81-3-5767-9333

 

 

agodaの悪い評判:デメリット

悪い評判で挙がっていること、改善できる点を記載します。しっかりと知っていれば問題ないこともありますので、対策があるものは対策も記載しておきます。

大体のデメリットは解決できるものが多く、把握していれば問題ないものです。

 

悪い評判①:予約後すぐにキャンセル料金が発生する

f:id:fuuujikko:20190210231345p:plain

予約後すぐにキャンセルしようとしてもキャンセル料金が発生してしまったというケースはたまに聞きます。

・キャンセル不可プラン
・一定期間キャンセル無料プラン

の2つに明確に分かれており、ホテル詳細ページ内でプランごとに明確に記載されています。

ホテル予約時にしっかり色付きの分かりやすい文字で記載されているので把握した上で予約しましょう。

支払い方法とキャンセル料金規約は基本的にリンクしています。

 

悪い評判②:現地で支払いを求められる

agodaでは良い評判③で紹介したようにホテル予約時に決済をしなくても良い方法があり、そのパターンでも出発前に支払うパターンと宿泊当日に現地でホテルへ直接支払うパターンがあります。

事前にagoda内でクレジットカード決済を済ましたのに、現地ホテルでもお金を請求されてしまったというケースをたまに聞きます。

とこぞうも実際に2年前ほど前に1回あり焦りました。

ただのホテルとagoda側の連携ミスなので、agodaで支払った旨主張するとそのままいけました。

Webでの声でも本当に二重で払わされたケースは一つも見ないです。

 

悪い評判③:ホテル表示料金と実際が異なる

ホテル比較画面で表示されている「ホテル表示料金」と実際に最終的に支払う料金が異なるという件は、たしかにイヤですね。

全部屋にかかる「税・サービス料」が比較画面では載せられていないので実際の決済金額はやや上がります。

他ホテルサービスも実はだいたい同じ仕様なのですが、是非とも一覧で最終金額分かるようにしてほしいですね。

 

選んではいけない海外ホテル予約サイトの10の基準

以下の基準に7つ以上当てはまらないサイトは、そもそも利用する必要がありませんのでご注意ください。

選んではいけない予約サイ

  1. 安いかどうか / 値段が上乗せされていないか
  2. 予約サイトである
  3. 支払い方法が豊富 (後払い / 現地払い)
  4. キャンセル無料プランがあるか
  5. 日本語サポート
  6. レビューの良し悪し
  7. お得なクーポン・イベントなどがあるか
  8. 掲載数は少なすぎないか → 多すぎも意味がない
  9. サイトの見易さ
  10. 日系企業である

これらは最低条件です。最低でも7つ以上当てはまらないとそのサイトをわざわざ利用する意味がないでしょう。

これらが無いとトラブルの元になる上に、あなたの大切な時間とお金を失ってしまう可能性があります。

日本で有名な海外ホテルの予約・比較サイトは全部で21あるのですが、その内11はこれに該当しません。お気を付けください。

さてさて、agodaはこのようになっています。

agodaは9つクリアしています。しかし日系企業ではありません。

f:id:tokozo123:20200129132210p:plain

agodaは全体的に基準をクリアしているため、優良なサービスであると言えます!

そのため「最安でお得に安全に使いたい方」には大変良いサービスです。

しかし、唯一の欠点として「日系企業」ではありません。

もしagodaが日系企業だったら間違いなく一番お得な海外ホテル予約サイトになっていたでしょう。

 

 

 

【agodaをおすすめしない方】

  1. 日系企業じゃないと嫌な方
  2. 時間を掛けてでもより最安にしたい方
  3. レビューを気にしすぎる方

 

【オススメしない方1】

日系企業じゃないと嫌な方 → 旅行業法が適用されません。

エアトリを使いましょう。

agodaは「海外系列」のホテル予約サイトになります。

そのため日本の「旅行業法」に沿って運営していません。

旅行業法に基づき、旅行業協会は、
 ・旅行者及び旅行に関するサービスを提供する者からの旅行業者等又は旅行サービス手配業者の取り扱った旅行業務又は旅行サービス手配業務に対する苦情の解決
 ・旅行業務又は旅行サービス手配業務の取扱いに従事する者に対する研修
 ・旅行業務に関し社員である旅行業者又は当該旅行業者を所属旅行業者とする旅行業者代理業者と取引をした旅行者に対しその取引によって生じた債権に関し弁済をする業務
 ・旅行業務又は旅行サービス手配業務の適切な運営を確保するための旅行業者等又は旅行サービス手配業者に対する指導
 ・旅行業務及び旅行サービス手配業務に関する取引の公正の確保又は旅行業、旅行業者代理業及び旅行サービス手配業の健全な発展を図るための調査、研究及び広報
を実施します。

引用 : 観光庁 : 旅行業法

 一言で言うと「旅行者の事ちゃんとサポートします!!!」みたいな事です。

これが無ければヤバイと言う訳ではありません。

海外系列の会社でも「ちゃんとしたサービス」として提供しているので、利用規約に基づいてユーザーを助ける・サポートはしています。

しかし、日系企業と比べると法的な側面が弱まるため、安心感が欠けるのは事実です。

「どうしても日系企業じゃないと安心できん!!!」という方はエアトリを利用しましょう。

普通に使うと安くはないのですが、

  • 最低価格保証サービスを利用すると最安に
  • 日系企業なので旅行業法が適用

されるため、「時間がかかっても安く+日系企業が良い方」にはぴったりのサービスです!

詳しくは以下の記事にまとめましたのでご覧くださいませ。

関連記事

 

【オススメしない方2】

時間がかかっても良いからもっと安くしたい方 → Hotels.comの「10泊で1泊無料」と「価格保証」を一緒に使いましょう。

 

ホテルズドットコム(Hotels.com)には次の2大サービスがあります。

価格保障サービス

全く同じ宿泊施設 / 日付 / 部屋タイプで、別サイトの方が安い場合、その差額分を返金してくれるサービスの事

「より安い料金が見つかった場合 ご連絡いただければ、差額分を返金いたします。」

引用元 : Hotels.com - 価格保障

Hotels.comRewards

10 泊ためると 1 泊無料

宿泊数がたまれば、必ず無料宿泊特典を獲得できます。お支払いいただくのは税金とサービス料のみ。

引用 :Hotels.comRewards

この2つを加えることでとんでもなくお得なサイトになります。

一言で言えば「数ある海外ホテル予約サイト + agodaよりも最安に出来る上に、10泊すると1泊貰える」からです。

デメリットとしては「毎回比較して価格保証サービスに申し込まなければならない」ため、面倒くさい所です。

ちなみに「10泊で1泊無料とかメッチャお得やん!!!」と思いがちですが、このサービスだけではお得ではありません。

仮に「10泊で1泊無料 = 毎回10%OFF」だと仮定した場合、平均的に他サイトよりも11%値段が高いので、毎度1%高い計算になります。(私が850回調べた中で)

そのため、2つを併用して初めてお得になりますのでご注意を。

 

【オススメしない方3】

レビューを気にしすぎる方 → ほとんどの問題は自前に回避できます。

もしくは別サービスを利用しましょう。

ご覧の通り全体的には良い感じです。

レビューを信じすぎてもいけませんが、ある程度の参考になるかと思います。

では何が問題かというと「ちらほらデカめの悪いレビューがある」なのです...

例のagoda の件、agoda に問い合わせてもウンともスンとも(問い合わせのたびに担当者変わる&こちらから電話できない)だったので、ダメ元でホテルにめちゃくちゃな英語でメールしたら数時間で返信きて、返金してもらえそう
ホテルの好感度めっちゃアップ&agoda は相変わらず最悪#agoda

— 鋭利@鼻DT女 (@eirinaotaku) November 7, 2018

大体の問題ははじめから解決できるので以下の5つに注意しましょう。

twitterやgoogleなどで色々見ていただくとわかるのですが、主に以下5つのトラブルが多いです。

注意ポイント

  1. 予約が出来ていなかった
  2. 急な用事でキャンセルしたい
  3. キャンセルしたので返金してほしい
  4. 値段以上の請求があった
  5. ホテルと予約サイトの連携が取れていなかった

の5つが主です。

つまりこれらを回避出来ればそもそも問題は起きません。

ポイント

  1. 予約が出来ていなかった → 1ヶ月前などに確認のメールを入れておく
  2. 急な用事でキャンセルしたい → 初めからキャンセル無料の物を選んでおく
  3. キャンセルしたので返金してほしい → 前払いを選ばない。現地でホテルに払う。
  4. 値段以上の請求があった → 予約画面で確認+確認のメールを送る
  5. ホテルと予約サイトの連携が取れていなかった → レビューの高いホテルを予約する

これだけでトラブルとはほぼ無縁の旅行が出来ます。

一言で言うと「キャンセル無料+後払いのプランを選んで、1ヶ月前とかに予約出来ているか確認のメールを送っておく」です。

「いやなんで客がそんな事せなあかんねん...」という意見はごもっともですが、これは何もagodaに限った話ではありません。

トラブルは必ず付き物なので、それを回避するためにも全ての海外ホテル予約サイトで上記は行っておくべきです。

デメリットとして「キャンセル無料+後払い」のプランは1,000~3,000円ほど高くなってしまいます。

しかし、逆を言えば「少しお金を出せばトラブルから解放される」事になります。

 

 

agodaを使う方へ 

ポイント

  1. キャンセル無料プラン+後or現地払いプランを必ず選ぶ
  2. マイルを貯めたい方は「ポイントマックス」を登録しておく事
  3. お問い合わせ先をメモしておく

【agodaを使う方へ : 1】

  1. キャンセル無料プラン+後or現地払いプランを必ず選ぶ

agodaの良い所は「普通に使えば最も安い」ため、とても手間が少ない点です。

特に難しい話はなく、以下画像のように「キャンセル無料・現地払い」と書かれたプランを選ぶだけです。

デメリットとして「若干高くなる + ポイントが付かなくなったりする」場合がありますが、そんな事よりも「安全に楽しく海外旅行をする」方が絶対的に大事です。

トラブルを回避するためにも必ず選びましょう。

 

【agodaを利用する方へ : 2】

マイルを貯めている場合は「ポイントマックス」への登録を済ませておきましょう。

agora - ポイントマックス! マイルとポイントをダブルでゲットできるお得な制度

ポイントマックス とは?

「ポイントマックス」は Agoda.com の新しい特典プログラムです。アゴダの宿泊予約を通して、提携企業が提供するロイヤリティプログラムのマイル/ポイントを獲得・累積できます。使い方はとてもシンプル。アゴダでご予約いただくごとにマイル/ポイントが発生します。

agoda - ポイントマックス

agodaには「agodaコインとマイル」という二つのポイント制度があります。

ホテルを予約するだけでどちらも貰えるという新しい特典プログラムです。

agodaポイントマックスの使い方はとても簡単!どのプログラムか選んであとは普通にホテル予約をするだけです。

agodaポイントマックス - どのプログラムか選ぶと、ホテル検索一覧画面でポイントマイルどちらも表示されるようになります。あなたの理想のホテルを見つけて予約しましょう。

図のようにホテル一覧画面にポイント / マイルがどうのこうの~と書かれていますので、あなたの理想に会うホテルを選びましょう。

agodaのポイントマックスは提携さきが豊富!Jalはもちろん人気エアラインのマイルプログラムが多数あります。

提携企業も豊富であるため、あなたの利用しているプログラムがあればぜひとも積極的に利用しましょう。

 

【agodaを利用する方へ3】

お問い合わせ先は必ずメモして起きましょう。

agodaではお問い合わせ用のチャットサービスもあります!

何かあった時のために、必ずお問い合わせ先はメモして起きましょう。

上記画像のように、アカウント画面からチャットでのお問い合わせも出来ます。

 

まとめ 

時間を掛けずに最安で海外ホテル予約をしたい方はagoda

それ以外の方はエアトリかhotels.comを利用しましょう。

以上です!お疲れ様です。

メモ

  • 日系企業じゃないと嫌な方 → エアトリ
  • 時間を掛けてでももっと安くしたいかた → hotels.com
  • レビューを気にする方 → 別サービス
  • 上記を気にしない方+面倒少なく最安+安全に海外ホテル予約したい方 → agoda

 

最後に : 航空券をまだ買っていない方へ

関連記事

 

とこぞうでした。

 

 

tokozoが今オススメしているビジネス

ところで、tokozoが今オススメしているビジネスはこれです。
急成長中ですので、参考にされてください。

⇒ 倒産品メール(二束三文仕入れの決定版)

⇒ 不労所得アフィリエイト(たった一度の紹介でずっと不労所得)

------------------------------

その理由は、

●倒産品メール・・

当初ヤフオクで150万円分(@1万円×150件~)売り、その後、@3,000円で売り、現在は、@1,000円で売れ続けているからです。

関連記事

●不労所得アフィリエイト・・

細かいことは省きますが、パートナー急増中で需要あり。

過去ブログなどが残っている場合で、そのブログが放置状態なのであれば、ブログの個別記事すべての後半に、紹介セットをコピペしていく作業を たった一度しておくだけで、そのうち、アフィリ報酬が入っていきますよ??

売れない案件をブログ記事に貼っても売れないですが、この2つは対象者が広く、それでいて、売れるのでおススメです。

関連記事

 

お気に入りに追加

Trip.com

Trip.com

旅行予約のエクスペディア

航空券+ホテル【エアトリ】

【おすすめ】海外旅行で便利&お得なカード・ランキング

1位 【NEOMONEY】

海外専用プリペイドカードの1種で、クレディセゾンが提供しているサービスです。

他の海外専用プリペイドカードと比較して、取り扱い通貨が約30種類と豊富なのが特徴です。

留学や修学旅行などで、お子様が海外渡航されるとき、

多額の現金を持たせるのは不安です。

13歳以上の方からお持ちいただけるNEO MONEYなら、

ご本人に代わってご家族が入金(チャージ)できます。

2位【SPGアメリカン・エキスプレス】

SPGアメックスというクレジットカードがあります。

正式名称は「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」です。

Marriott Bonvoyのゴールドエリート会員資格、毎年の無料宿泊プレゼント、ポイントを40社以上のマイルに移行可能、

ポイントの有効期限が実質無期限などが人気のクレジットカードです。

陸マイラー、ホテルを楽しむ人達の間で最も人気のあるクレジットカードになります。

3位 【JALカード】

【JAL国際線特典航空券PLUS】

この制度の導入によりタイやベトナム方面のマイル数が以前だと片道17,500マイル必要でしたが

片道12,500マイルに変更になり、以前と比べ格段にJAL国際線特典航空券が取りやすくなりました。

この機会に、ぜひJALカードでマイルをためて海外旅行にチャレンジして下さいね!

 

 

-海外旅行のお役立ち

Copyright© とこぞうの「禁煙」で始める「海外旅行」 , 2020 All Rights Reserved.