fbpx

とこぞうのおすすめ「海外ドラマ」(Part2)

こんばんは、とこぞうです。

昨日のメンタリストの続きです。

f:id:tokozo123:20180810195928j:plain

このメンタリストはシーズンを通じて高視聴率を維持し、最大で1970万人を

記録した人気シリーズで、全7シーズン製作されました。

メンタリストの面白さは、観てもらうのが一番早いのですが大体のあらすじを

書いていきたいと思います。

元詐欺師で霊能者(サイキック)で活躍していた主人公パトリック・ジェーン

CBIで”犯罪コンサルタント”としていつからか様々な事件に関わるようになります。

パトリックは元詐欺師の時に妻子を何者かに惨殺された過去があり、CBIに

居ながら犯人を捜しています。

犯人は犯行の後、必ずニコちゃんマークを残すレッド・ジョンという名前を

使って事件をおこしていました。

パトリックは人の心をつかみ、人の心を読むのはお手のもの、いつしか

切れ者揃いのCBIのチームも、いつの間にか彼の魅力と事件解決の

貢献度を認めていきます。

このドラマの一番の魅力は、やはりパトリック・ジェーンです。

ちょっと背は低めだけど、愛くるしい笑顔と人懐っこい性格、そして時折見せる

真剣な表情や怒りに満ちた眼差しは、特に女性視聴者を惹きつけていると思います。

ちなみに嫁ちゃんも大好きです。

そして、このドラマの最大の魅力は「緊迫した場面でも軽く笑わせてくる」という

事です。

基本的にジェーンが緊迫した場面でも冗談を言う⇒

それを相棒であるリズボンが諌めるという流れが多いです。

緊迫しているだけに観ている方としても、クスッとした笑いがアクセントとなって

あきずに観つづける事ができます。

真相が明らかになるにつれて、CBIにレッド・ジョンと繋がっているかもしれない

人物も現れ、誰が本当の犯人かドキドキしながら観ていました。

そして、リズボンジェーンはどうなるのかハラハラしながら観ていましたが

最終回に・・・・!!

予想を良い意味で裏切ってくれるストーリーとほぼ毎回完結型の進行なのでとても

面白いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする