fbpx

とこぞうの今日の猫カフェ(2018.08/22)


SANY0002

ママの指が大好きなあーちゃんです・

ちなみに、12歳ですが何か?

f:id:tokozo123:20180822113408j:plain

あーちゃんは、お庭の探検です。

f:id:tokozo123:20180822113843j:plain

チッチ君はふとんで、おねんねです。

f:id:tokozo123:20180822114331j:plain

ななちゃんは、ころりん!

f:id:tokozo123:20180822114722j:plain

臆病なプクちゃんは、相変わらず鉢植えの陰に!!

 

猫が喜ぶマッサージで絆を深めよう!

猫はどんな格好で寝ていても、起きて伸びをすると全身の筋肉がほぐされて、

すぐに活動できるようになります。

猫は羨ましいような柔らかな筋肉を持っていて、肩こりや寝違えに

悩まされることは少ないようですが、それでもストレスや高齢になると

筋肉がこったりするようです。

ここでご紹介する猫のマッサージは、猫の身体のツボを刺激して

身体を活性化させることができますが、なにより猫とのスキンシップを

楽しんでより猫との絆を深めるための手段として活用して頂ければと思います。

f:id:tokozo123:20180822122554j:plain

猫へのマッサージ 便秘や腎臓の持病にも効果的

猫は自分の気持ちがよいところを人に触ってもらうのが大好きです。

そして猫の身体を触るときは、同居人=飼い主も気持ちが安らいで

ほっとできるものです。

人は大好きな動物のそばにいると、自然に表情がほぐれて笑顔になり、

ふれ合うことでリラックスし血圧や心拍数が安定することが明らかになっています。

きちんとツボを押さえたマッサージでなくても、猫の身体を触ることで、

猫も人も日頃のストレスを軽減することができるでしょう。

また猫のマッサージを続けていると、猫の小さな体調変化も感じられるようになり、

病気を早期に発見できるかも知れません。

普段から身体を触られることに馴らしておけば、例えば動物病院に行ったときなどでもスムーズに診察が受けられるようになります。

さらに猫の身体の正しいツボを覚えてマッサージできれば、

血行がよくなり新陳代謝が高まり、猫の健康維持や老化防止につながるでしょう。

便秘や腎臓、肝臓などに慢性的な持病を抱えている猫であれば、

効果的なマッサージを施すことで猫が楽に過ごせるようにできるでしょう。

ただし持病を持っている猫のマッサージは、必ずかかりつけの

獣医師の指導のもとで行ってください。

f:id:tokozo123:20180822123918j:plain

今、モッピーピュリナワンを定期購入すると

6000ポイントも貰えるよ。

JALのマイルに交換すると3000マイル分です。

モッピー!お金がたまるポイントサイト


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする