国内格安航空券予約サイト「スカイ・チケット」

格安航空券予約サイト-skyticket.jp-

「アルコール依存症」最善の治療法は?お酒に強い人と依存症の境界線は?

投稿日:

国内格安航空券予約サイト-skyticket.jp -

関連画像

 

アルコール依存症は飲んだその日に発症することはありません。

習慣的に飲酒しているうちに、いつしか進行していく病気です。

病気の進行プロセスを表にしました。

どの段階からも回復は可能ですが、早期に治療すれば回復も容易です。

また、多くの酒飲みが依存症との境界線にいます。この段階なら、飲み方を変えてUターンすることが可能です。

 

スタート地点習慣飲酒が始まる機会あるごとに飲む。
酒に強くなり(耐性の形成)、酒量が増加する。
気分の高揚を求めて飲む。
依存症との境界線精神依存の形成ほとんど毎日飲む。酒がないと物足りなく感じる。
緊張をほぐすのに酒を必要とする。
酒量が増え、ほろ酔い程度では飲んだ気がしない。
ブラックアウト(記憶の欠落)が起きる。
生活の中で、飲むことが次第に優先になる。
依存症初期身体依存の形成酒が切れてくると、寝汗・微熱・悪寒・下痢・不眠などの軽い離脱症状が出現し始めるが、自覚しないことが多い(風邪や体調不良と思う)。
飲む時間が待ちきれず、おちつかない。イライラする。
健康診断で酒量を少なめに申告する。
家族が酒をひかえるよう注意し始める。
酒が原因の問題(病気やケガ、遅刻や欠勤、不注意や判断ミス、飲酒運転検挙など)が起きはじめ、節酒を試みる。
依存症中期トラブルが表面化二日酔いの朝の軽い手のふるえや恐怖感など、酒が切れると出る離脱症状を治すために、迎え酒をするようになる。
酒が原因の問題(病気やケガ、遅刻や欠勤、不注意や判断ミス、飲酒運転での検挙など)が繰り返される。
家庭内のトラブルが多くなる。
自分の酒に後ろめたさを感じ、攻撃的になる。
飲むためにウソをついたり隠れ飲みをしたりする。
職場では、上司からの注意・警告が始まる。
依存症後期人生の破綻コントロールしてうまく飲もうとするが、失敗する。
一人酒を好むようになる。食事をきちんととらない。
アルコールが切れるとうつ状態や不安におそわれるため、自分を保つために飲まざるをえない。
連続飲酒発作、幻覚(離脱症状)、肝臓その他の疾患の悪化により、仕事や日常生活が困難になる。
家族や仕事、社会的信用を失い、最後は死に至る。

 

Sponsored Link

アルコール依存症は脳の病気である

関連画像

身体のために休肝日を作ったほうがいいとわかっていても、毎晩飲まずにはいられない。

飲めば決まって泥酔し、「店から家までどう帰ったのか覚えてない!」なんてこともよくある。もしかして、アルコール依存症かもしれない……。

 

 お酒が好きの人なら、これまで一度はそんな不安に駆られたことがあるのではないだろうか。

 酔っぱらうと人格が変わったように暴れ出し、周りに迷惑をかけてしまう人もいれば、毎日浴びるように飲んでも、うまくお酒とつき合えている人もいる。

お酒に強い人と、アルコール依存症。その境界はどこにあるのか。

 

お酒が美味しくて飲んでいるのではない

「酔っ払い」の画像検索結果

じつは以前に、アルコール依存症を治療する専門の医療機関を訪ねたことがある。

そこで治療を受ける人たちは、はるかにその域を超えており、「依存症は病気である」という現実を目の当たりにした。

受診したのは、自分の意志ではなく、心配する家族に連れてこられたため。

本人は24時間以上お酒を飲み続けており、すでに自分ではコントロール不能な状態。

 しかも、彼らはお酒が美味しいから、酔って気持ちがいいから飲むのをやめられないのではなく、必要に迫られて飲んでいるのだ。

 アルコール依存症になると、「離脱症状」と呼ばれるサインが現れる人が多い。

いわゆる禁断症状のことだ。お酒が身体から切れると、手が震える、汗をダラダラかく、動悸がして苦しい。人によっては幻覚が見え始める。

禁断症状なので再びお酒を飲めば、スッキリよくなり、そのお酒が身体から抜けると、また禁断症状が現れる。

いつしか禁断症状の不快感から逃れたくてお酒を飲み続けるようになり、もはや味など問題外。

感じてなどいないという。しかも、アルコールは身体に耐性ができる。

これまでの飲酒量では酔えなくなり、さらに大量に飲んでしまうという負のループが待ち受けている。

 実際に治療を受ける患者の2~3割は、こうした飲酒生活がたたって肝硬変を起こしていた。

高血圧や糖尿病、心臓病などで体調を崩している人も多い。

そのためアルコール依存症の治療は、まずこうした内臓疾患をケアしながら、離脱症状を取る治療に入るのだ。

 

依存症患者に共通する「前頭前野」萎縮

関連画像

医療機関の診断基準は細かい専門的なものだが、一般の人でもわかりやすいポイントがふたつあると聞いた。

ひとつは、先述のお酒が切れると起きる「離脱症状」

 もうひとつは、3日以上続けてしまう「連続飲酒」だ。それも、日本酒にして1~3合の飲酒を1日に何回も繰り返し、常に身体にお酒が残るような飲み方をする。

例えば、あるサラリーマンの場合。金曜日の仕事中からお酒を飲むことばかり考えてしまい、仕事終わりに飲み始めると、土曜、日曜、さらに月曜の朝方まで飲み続け、二日酔いの不快感を消すために締めに一杯「迎え酒」をして会社へ向かうという具合だ。

 このふたつのどちらかが該当すれば、「アルコール依存症であると考えて間違いない」という。

思い当たる節があるという方は、ぜひ早めに専門機関へ相談してほしい。

 昨年ある医療機関に飲酒量を減らすことが目的の「減酒外来」が誕生した。

予約は1ヵ月待ち。

お酒との付き合い方を考える人も増えている。やはり、「酒は飲むとも、飲まるるな」だろう。

 最近の研究によると、アルコールや薬物、ネット依存者には共通点がある。

脳のMRI画像を撮ると、意志決定に重要な「前頭前野」が萎縮しているのだ。

依存症は、根性論では治せない「病気」なのだ。

引用元:文春オンライン

 

アルコール依存症のカイケツ本

 

まとめ

今回は、「「アルコール依存症」最善の治療法は?お酒に強い人と依存症の境界線は?」と題してお送りしましたが、如何でしたでしょうか?

アルコール依存症は回復する「病気」です。

早期に治療するほど失うものが少なく、回復も容易です。

本人からは助けを求めないため、周囲からの適切な介入が重要になります。

周囲がまず専門機関に相談しましょう!!

 

とこぞうでした。

 

 

東南アジア(タイ・ベトナム)旅行にチョイ興味があるな!と思う方は
下記のHOMEボタンをクリックして下さいね!!

 

 

 

海外旅行と言えば言葉の問題でしりごみする人が少なからずいると思われます!

たしかに、英会話はヒアリングが出来なければ難しい面もありますが、とこぞうも英会話はぜんぜんダメで数々の英語学習にチャレンジしてきましたが、話せるようにはなりませんでした。

所が、最近みつけたEEvideoという英会話学習法はすぐれもので、

英語のニュースや映画,アニメなどで英語を学習するサービスで,英語が苦手なユーザーでも快適に視聴できるように,学習をサポートする機能を備えています。

サポートはユーザーの英語レベルに合わせて表示でき,PCとiOSアプリ,Androidアプリに対応しています。

無料で利用できますが,すべての動画を視聴するプランは30日1,000 円です。

とこぞうもこのEEvideoのおかげで、かなり英会話が上達して語学のプレッシャー無く海外旅行を楽しめるようになりました。(笑)

 

 

関連記事

 

お気に入り一覧表示はサイドバー(カテゴリー検索)の上にあります!

お気に入りに追加

Trip.com

Trip.com

旅行予約のエクスペディア

航空券+ホテル【エアトリ】

【おすすめ】海外旅行で便利&お得なカード・ランキング

1位 【NEOMONEY】

海外専用プリペイドカードの1種で、クレディセゾンが提供しているサービスです。

他の海外専用プリペイドカードと比較して、取り扱い通貨が約30種類と豊富なのが特徴です。

留学や修学旅行などで、お子様が海外渡航されるとき、

多額の現金を持たせるのは不安です。

13歳以上の方からお持ちいただけるNEO MONEYなら、

ご本人に代わってご家族が入金(チャージ)できます。

2位【SPGアメリカン・エキスプレス】

SPGアメックスというクレジットカードがあります。

正式名称は「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」です。

Marriott Bonvoyのゴールドエリート会員資格、毎年の無料宿泊プレゼント、ポイントを40社以上のマイルに移行可能、

ポイントの有効期限が実質無期限などが人気のクレジットカードです。

陸マイラー、ホテルを楽しむ人達の間で最も人気のあるクレジットカードになります。

3位 【JALカード】

【JAL国際線特典航空券PLUS】

この制度の導入によりタイやベトナム方面のマイル数が以前だと片道17,500マイル必要でしたが

片道12,500マイルに変更になり、以前と比べ格段にJAL国際線特典航空券が取りやすくなりました。

この機会に、ぜひJALカードでマイルをためて海外旅行にチャレンジして下さいね!

 

 

-話題のニュース

Copyright© とこぞうの「禁煙」で始める「海外旅行」 , 2019 All Rights Reserved.