女子旅♪タイのお土産!バンコクで買うお薦めコスメ有名ブランドランキング

更新日:

「タイ 女子旅 コスメ」の画像検索結果

 

嫁ちゃん

2019/02/21

東南アジアで人気の観光地タイは美しい海や美味しいフルーツなど魅力にあふれています。

 

タイは美容大国と呼ばれてるだけコスメの数多く揃っており自然な果物や植物を素材として使ってあるため日本人の肌と合うものも多いですね!

海外旅行ランキングで毎年TOP5に入るタイ。
近年人気の高い国として知られています。
その理由としては、旅費や物価が安く移動時間が6時間と比較的短距離で異国情緒が味わえるからです。

バンコクは安いのに綺麗。ご飯が安くてい美味しい。など色々理由があります。
年配の方はもちろん、手ごろに海外へ行きたいご家族、美容や食を味わいたい女子旅、とにかく安く済ませたい大学生に人気です。

そんなタイ、バンコクのオススメのお土産をお紹介しますね!
特に女性向けのお土産にスポットを当ててブランド別に紹介してランキングにしましたので、ぜひ旅のお供にしてくださいね♪

 

 

Sponsored Link

女子旅♪美容大国タイ・バンコクで買うべきおすすめコスメのお土産

タイのコスメブランド「Mistine(ミスティーン)」のリップバーム

 

タイのコスメブランド「Mistine(ミスティーン)」のリップバーム、「Boss Super Balm Lip Grow」。

どこでもササッと手軽に塗れて、良い感じにふんわり色付きます。

かさばらないし見た目も可愛いので、ばらまき土産にも良さそうです!

 

お値段は139バーツ(およそ472円)でした。

Mistineのコスメはマスカラやアイライナーであればドラッグストアに並んでいることが多いですが、リップバームを始めとしたいろいろなアイテムを見たいならMistineのショップへ行くのがおすすめ。

Mistineでは現在数ヶ所の直営店があります
   1.ラムカムヘン
      Big Cラムカムヘン向かい
   2.Big Cラチャダムリ1階
      Bootsの前(上記写真)
   3.Central Marina Pataya 1階
   4.MBK東急百貨店 1階化粧品売場
   5.Robinsonチェンマイ店 1階化粧品売場 (Central Chiang Mai Airport内

 

ORIENTAL PRINCESS

 

いわずと知れた美容大国タイには、タイならではの高機能高品質のコスメブランドがたくさんあります。まずは、バンコクの渋谷ともいわれているサイアム地区のシンボル的ショッピングモール、「サイアムパラゴン」から。

1Fにあるのが、若い女性を中心に大人気の「ORIENTAL PRINCESS」。こちらの商品はプチプラコスメの定番として人気なのだとか。

人気の商品はこちらのバラの香りのボディーケアシリーズ。やわらかいバラの香りとみずみずしいテクスチュアーで、暑いタイでも、蒸し暑い日本の夏でもさっぱり使えそうです。

お値段は、ボディローションがなんと日本円で600円ほど! これだけの質でこのお値段とは、感動です。

 

SEPHORA(セフォラ)

 

SEPHORA (セフォラ)は、世界中の女性に大人気のコスメショップです。バンコクのオシャレな女性たちの間でもとても流行っています。

残念ながら、現在日本にはこのSEPHORA(セフォラ)はありません。ということで、今回は、日本でも人気があり、お土産にも最適なセフォラについて、記事にしたいと思います。

 

1990年にパリで創業を始め、1997年にはルイヴィトングループの傘下になりました。1998年にはニューヨークに1号店を出店します。

世界中に1300を超える店舗を構えており、世界中の女性に大人気のコスメショップとなっております。

 

セフォラのコンセプトは、デパートのブランドショップとは違い、本当に1番合ったものをブランドの垣根を越えて選ぶということです。

かなりたくさんのブランドが同じ店舗内にあります。例えば、ディオールとアルマーニがありながら、NARSやMAC、そして、オリジナルなどもあったりします。

日本のデパートの化粧品売り場が店舗になった感じでしょうか!?それとも化粧品のセレクトショップという方がいいのでしょうか。

 

バンコクのセフォラはどこにある?

 

嫁ちゃん

私がいつもお土産を買うのは、BTSチットロムからほど近いセントラルワールド内ですが、バンコクでも特にアクセスの良い店舗をピックアップしてみました。

 

Siam Center Shop(サイアムセンター内)

住所:979 Siam Center,Level 1, Unit 108-109, Rama 1 Road, Pathumwan, Bangkok 10330

Central Embassy Shop(セントラル・エンバシー内)

住所:1031 Central Embassy, L2 Floor,Unit L2-21, Ploenchit Rd.,Lumpini, Pathumwan, Bangkok 10330

Emquartier Shop(エムクオーティエ内)

住所:689 Emquartier, Ground Floor,Unit GB01, Sukhumvit Rd.,Wattana, Bangkok 10110

Central World Shop(セントラルワールド内)

住所:Central World, 2nd Floor,Unit 4,4/1-2,4/4, Eden zone,Ratchadamri Road, Patumwan, Bangkok 10330

Mega Bangna Shop(メガバンナー内)

住所:39 Moo 6, Mega Banga Mall, 1st Floor,Lot No. 1324, 1326, 1328, Bangna-Trad Rd., Km.8 Bangkaew, Bangplee, Samutprakarn 10540

 

嫁ちゃん

個人的には日本人観光客にも人気のエリア、サイアムセンターかセントラルワールドはBTSの駅からも近いのでおすすめです。営業時間は10時から22時です。

 

 

おすすめコスメ有名ブランドランキング

 

タイコスメ パンピューリ

 

1位 Panpuri(パンピューリ/パンプリ)

タイコスメ パンピューリ

 

タイのセレブコスメと言えば…一番に名前が挙がるのが「パンピューリ」です。

パンピューリは、契約農家で作られた植物を使用し、無添加で作られた高級コスメ。
世界30か国近くで展開しているため広く知られています。実はタイのブランドなんですね!

 

嫁ちゃん

お土産としてはハンドクリームが人気です。
空港の専用コーナーには、ミニサイズセットが販売されていましたので、バラして女子友土産にしてもいいですね。

 

その他、石鹸やボディスクラブ、ボディオイルなどボディケア用品、シャンプー&コンディショナー、エッセンシャルオイルなどが人気ですが、商品展開は多岐にわたります。

店舗は、バンコクのゲイソンショッピングセンター内に。
時間がない方はスワンナプーム空港で。
(日本では伊勢丹や高島屋などのデパートで販売されています。)

 

また、パンピューリ商品を使ったスパもありますので、気になる方はそちらもチェックを!

パンピューリオーガニックスパ「PANPURI ORGANIC SPA」

 

2位 ナチュラルホームスパコスメの老舗「HARNN」(ハーン)

「タイ 高級 「HARNN」」の画像検索結果

 

嫁ちゃん

さまざまなハーブを使い、豊かな味わいを楽しむことができるタイ料理。タイのコスメも同じで、香り高いハーブやフルーツをしっかり浸透させていることが大きな特徴です。

 

バンコクの高級デパート「サイアム・パラゴン」「セントラル・ワールド」などでは、タイ発の人気ブランドを数多く見ることができ、ディスプレイもたいへん美しく、素敵な空間でオリジナルのタイ土産を探されてみてはいかがでしょうか?

写真は、セントラル・ワールド1階にある「HARNN(ハーン)」。タイを代表するナチュラル・スパブランドの老舗です。スキンケア製品などのライナップは実に数多く、タイ人女性だけでなく、ニューハーフたちの美容生活を彩る人気ブランド。

「タイのお土産おすすめコスメ」の画像検索結果

「HARNN」で有名なのは石鹸。細長いお米の形をしたナチュラル石鹸はタイのお土産におすすめする方も多く、ご存知の方もいらっしゃることでしょう。

泡立ちが豊かで、マンゴスチンや黒米など香りは10種類以上も。

石鹸だけでなく、自宅でスパ気分を楽しめるバス&ボディケアアイテムも豊富。

すべてのアイテムに希少なライスブランオイル(米ぬか油)を使い、3種類の天然ビタミンや米糠の脂質に含まれる「γ-オリザノール」などの成分が肌にハリや潤いを与え、スキンケアに最適な効果を秘めています。

「HARNN」のアイテムは葦や竹で編んだパッケージなどデザイン性にも優れ、オシャレでセンスの高いタイ土産として喜ばれることでしょう。

数あるアイテムでも、特におすすめはジャスミンオイル(Jasmine Collection)。

ジャスミンの原産地ならではの高価なエッセンシャルオイルを贅沢に使い、芳醇で甘い香りがなんとも心地いい。

品質の高い薔薇を贅沢に使った「Oriental Rose Collection」もおすすめ。「HARNN」の魅力は、香りの高さ。

“美容界のオスカー”と呼ばれる「マリ・クレール ベストビュティーアワード」を受賞するほどの実力派。

 

3位 最新科学のコスメ「THANN(ターン)」

「タイのお土産おすすめコスメ」の画像検索結果

 

タイ発のナチュラル・スキンケアのブランド「THANN(ターン)」も、タイ土産に人気のアイテム。

自然なスキンケアとアロマテラピー製品として、日本でも馴染みのブランドです。

グッドデザイン賞やアジアデザイン大賞など、こちらのお店も数々の国際的なアウォードを受賞。

写真は、バンコクのデパート「サイアム・パラゴン」4階にある「THANN」の店舗。

上質で心地のい

「タイ ターン」の画像検索結果

 

嫁ちゃん

タイの伝統療法に、最新の皮膚科学とアロマテラピーを融合し、オリジナルにブレンドされたのが「THANN」の魅力です。

+

 

上質なコメヌカ油とNANOシソ葉エキスを配合し、“自然と共生する”スキンケア。

「THANN」ならではの香りや、肌に優しい極上のアイテムに仕上げています。

 

「タイ ターン」の画像検索結果

 

「THANN」のラインナップも豊富で、アロマやスキンケア、ヘアケア、バスケアなど数多くそろい、タイ産のレモングラスやカフィルライムなど厳選された高純度のオイルは個性的。

自然な甘い香りは女性だけでなく、男性にも人気があります。フレグランスミストやエッセンシャルオイル、ボディミルク、ハンドクリームは人気商品。

スキンケアセットの「for Thai Elephant」もおすすめです。

引用元:LINEトラベル

 

ドラッグストアでも買える、ばら撒き用タイのお土産

「ばらまき用タイのお土産コスメ」の画像検索結果

 

ドラッグストアBootsで探そう!タイのおすすめコスメ

ドラッグストアBootsで探そう!タイのおすすめ土産10選

 

タイ旅行のお土産を選ぶとき、特に女性にとって外せないのが、タイ独特の果物やハーブを使ったタイコスメですよね。

タイ発のコスメブランドとしてはハーンやパンプリなどが世界的に有名だけど、円安の今は手が届かないと感じてしまう人も多いのでは?

そんな方はタイのドラッグストアBootsに行ってみましょう!リーズナブルで魅力的なタイコスメがたくさん揃っていますよ。

 

ドラッグストアBootsはタイで最もポピュラーなドラッグストアチェーン店です。

デパートやショッピングモールには必ず入っていますし、路面店もたくさんあるのでタイ旅行中に何度も見かけることになると思います。

イギリス資本ではありますが、タイで製造している製品も多く、タイでのお土産探しにぴったりなんです。

 

頻繁にセールをやっているので、その時期に当たれば更に安く購入できます。

 

Sabai-aromのハンド&ボディクリーム ジャスミン

ドラッグストアBootsで探そう!タイのおすすめ土産10選・Sabai-aromのハンド&ボディクリーム ジャスミン

タイのハーブや花、果物を使ったプロダクトで人気のSabai-aromシリーズがBootsで販売されています。

このブランドは最近日本にも上陸を果たして人気を集めていますが、本場のタイで買えばかなり安く手に入ります。

マンゴーやレモングラスなど様々なシリーズがある中で私のおすすめはジャスミン。

ジャスミンの花はタイではお供えものの花飾りに使われていて、タイを象徴する花です。

タイでは街を歩いていると、ふっとジャスミンの香りが漂ってくることも。

爽やかで印象的な香りのハンドクリームは、使う度にタイの思い出が蘇るはず。

・Sabai-aromハンドクリーム 215バーツ
・Sabai-aromボディクリーム 360バーツ

 

マンゴーのボディケアシリーズ

ドラッグストアBootsで探そう!タイのおすすめ土産10選・マンゴーのボディケアシリーズ

 

タイを代表するフルーツのマンゴー。Bootsではこんな風にマンゴーを全面に押し出したボディケア用品が売っています。

マンゴー好きにはたまらない!!タイらしさ満点のお土産になりますね。

・マンゴーボディウォッシュ 300バーツ
・マンゴーボディバター 300バーツ
・マンゴースクラブ 350バーツ

 

カリビアンカクテルシリーズ

ドラッグストアBootsで探そう!タイのおすすめ土産10選・カリビアンカクテルシリーズ

 

南国らしいパッケージがかわいいカリビアンカクテルシリーズ。リップバームやリップグロスは友達へのバラマキ土産にぴったりです。

ピーチの香りのヘアセラムは、香りも良く髪の毛がつやつやになります。

自分用のお土産としておすすめ。この他にもボディウォッシュやスクラブなど様々なアイテムがあります。

・カリビアンカクテル リップバーム、リップグロス 各100バーツ
・カリビアンカクテル ヘアセラム 200バーツ

 

ハーブの歯磨き粉

ドラッグストアBootsで探そう!タイのおすすめ土産10選・ハーブの歯磨き粉

 

こちらの歯磨き粉は日本でも人気の高級歯磨き粉。

実はタイで製造しているので、タイで買うとかなり安くで買えるんです。

「お土産に歯磨き粉?」と思うかもしれませんが、この歯磨き粉を一度使うとその良さが分かると思います。磨いた後のすっきり感が朝まで続いてとっても爽快な気分。

これがタイのハーブのちからなのね。

・ハーブ歯磨き粉 DENTISTE 1本149バーツ

引用元:ブイキュレ

 

マンゴスチン石けん

ドラッグストアBootsで探そう!タイのおすすめ土産10選・マンゴスチン石けん

 

フルーツの女王として知られるマンゴスチンの石けんです。

すっかりタイ土産の定番として定着していますが、これもBootsで買えますよ!この他、赤いパッケージのマダムヘンの石けんはさっぱりとして洗いあがりで男性に人気です。

カタカナで「マダムヘン」と書いてあるのですぐに分かると思います。

・マイトン マンゴスチン石けん 55バーツ
・マダムヘンの石けん 40バーツ

 

ヤードム

ドラッグストアBootsで探そう!タイのおすすめ土産10選・ヤードム

 

タイの街を歩いていと、時々リップスティック状のものを鼻に突っ込んでいるタイ人を見かけて衝撃を受けます。

その正体はメントールのスーっとする香りがするスティックで、ヤードムといいます。

タイ人は人混みの中で気分が悪くなった時や、頭が痛い時などにこの臭いを嗅いでリフレッシュしています。これを鼻に突っ込んでいるように見えるのは、この香りをかいでいるんですね。

若い女の子がやっているのを見るとびっくりしてしまいます。

タイ旅行の思い出話と一緒に、こんな面白お土産もいいんじゃないでしょうか?

・ヤードム 1本22バーツ~

 

まつ毛育毛剤ルミガン

「タイ 女子旅 まつ毛育毛剤ルミガン」の画像検索結果

 

 

タイに行ったらまつ毛育毛剤のルミガンを買おう–! そう思ってタイに旅行に来る人も多いのではないでしょうか。

ルミガンはもともと緑内障の薬として開発されたものですが、その副作用として「まつ毛が伸びる、濃くなる」という症状が数多く報告されており、そのためまつ毛美容液として使用する人が増えてきた…という経緯がある商品です。

ただし、日本では処方箋がないと手に入らない+高価であることもあり、なかなかのレアもの。

ってなわけで、処方箋が必要ないタイでの購入が超おすすめなのです。

確かにタイではルミガンが買えます。日本では個人輸入でしか手に入れるすべがありませんが(だいたい1本2000円前後かな)、それに比べると安く購入できます。

でも、どこでも買えるかというとそうでもないし、場所によって値段もいろいろ。

いったいどこに行けばいいの?どの店で買うのがオトクなの? 調べてみました。

 

普通の薬局では売ってません

タイ語では薬を「ヤーยา)」といい、「ยา」の看板が出ているお店が薬局です。

が、ほとんどの場合、こうした薬局ではルミガンは売っていません。まず取り扱いがないと思ってください。

取り扱いがある場合は高いです。

例えば、観光地(BTSプロンポン駅付近など)の薬局の中にはルミガンを売っているお店もあります。が、高いです。

具体的に言ってしまうと、エンポリウムの並び、ソイ24に面した薬局で買うと、850バーツ(約3,000円)します。これでは日本で個人輸入して買うのと同じ。タイで買う意味はありません。

 

ブーツやワトソンズにはほとんどありません

「バンコクで買うべきおすすめコスメ」の画像検索結果

ちょっと大きめのショッピングモールに行けば必ずあるブーツやワトソンズ。

いわゆるドラッグストアですが、ルミガンを期待してはだめ。

ここはコスメや日用品(ヘアケアものなど)を買う場所であって、薬に分類されるルミガンを買える場所ではありません。

店舗によっては取り扱いがある場合もありますが、たいがい高いです。

700バーツ前後します。ほかで探しましょう。

 

日本人御用達の店、ブレズ薬局なら確実に手に入ります

「まつ毛育毛剤ルミガン」の画像検索結果

一番、確実に安心して買えるのは、バンコクに2店あるブレズ薬局。日本人常駐のありがたいお店です。

客のほぼ100%がバンコク在住の日本人か日本人観光客なので、「タイで買えたらな、買いたいな」という日本人客のニーズに応えたラインナップです。いやホント。

ルミガンの値段は3ml入りで600バーツ(約1900円)。日本での個人輸入と比べてむちゃくちゃ安いとはいえませんが、安いことは確か。

なお、ブレズ薬局のお店はBTSアソーク駅そばとトンローに2店ありますが、行きやすいのは圧倒的にアソークのお店。駅を降りたらほぼ濡れずに行ける便利な場所にあるので便利。安心して利用できるお店です。

 

 一番安いのはシーロムの薬問屋街

「シーロムの薬問屋街」の画像検索結果

もっと安くルミガンを買える場所はないの? そういう疑問も当然ですね。答えはYES! ちゃんとあります。

それはシーロムの薬問屋街。問屋街といっても3,4店の薬問屋が並んでいるだけの一画ですが、ここに行けば、ルミガンが430バーツ(約1300円)で購入できます。

ただし、当然ながら日本語は通じません。英語もちょっと厳しかったりします。薬問屋での共通言語はタイ語なのです。

でも、大丈夫。

「ルミガン・ミー・マイ?」(ルミガン、ありますか?)か、単に「ルミガン?」と聞けば、相手はちゃんと察してくれます。

向こうも商売ですからね。心配には及びません。できれば、スマホでルミガンの商品画像などを見せながら聞くとより効果的。あらかじめ画像を用意しておくといいかと思います。

さて、肝心の場所ですが、最寄り駅はBTSのサラデーンかMRTのシーロム駅。駅を出て、ラマ4世通りに行きましょう。スラウォン通りの手前側に薬問屋が数軒、並んでいます。

私が利用しているのは、S.C.DRUGSTOREChula Bhesajという2つの問屋です。

そのうち私のおすすめはS.C.DRUGSTOREです。

理由1:値段が安い(5バーツくらい)
理由2:店の人の対応が普通(Chula Bhesajの店の人は無愛想でおっかない)。
理由3:人の混み具合もS.C.DRUGSTOREのほうが少なめ。

とうわけで最近では、まずS.C.DRUGSTOREにいき、品切れときにChula Bhesajで買うようになりました。

引用元:旅するタイランド

 

まとめ

 

嫁ちゃん

如何でしたでしょうか?。

バンコクには、オーガニックやプチプラのバンコクコスメが数多くあります。

 

日本では売っていないものやバンコクならではの質の高いコスメは、美意識の高い女性向けに最高のお土産になるでしょう。

気になる商品があったら、そのアイテムを扱っているスパで試してから購入するのもおすすめ。

珍しいバンコクコスメは、お土産として喜ばれること間違いなしです。

 

 

*関連記事*

 

 

 

東南アジア(タイ・ベトナム)旅行にチョイ興味があるな!と思う方は
下記のHOMEボタンをクリックして下さいね!!

 

 

 

お気に入り一覧表示はサイドバー(カテゴリー検索)の上にあります!

お気に入りに追加

スポンサーリンク

よく読まれている記事

【おすすめ】海外旅行で便利&お得なカード・ランキング

1位 【NEOMONEY】

海外専用プリペイドカードの1種で、クレディセゾンが提供しているサービスです。

他の海外専用プリペイドカードと比較して、取り扱い通貨が約30種類と豊富なのが特徴です。

留学や修学旅行などで、お子様が海外渡航されるとき、

多額の現金を持たせるのは不安です。

13歳以上の方からお持ちいただけるNEO MONEYなら、

ご本人に代わってご家族が入金(チャージ)できます。

2位【SPGアメリカン・エキスプレス】

SPGアメックスというクレジットカードがあります。

正式名称は「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」です。

Marriott Bonvoyのゴールドエリート会員資格、毎年の無料宿泊プレゼント、ポイントを40社以上のマイルに移行可能、

ポイントの有効期限が実質無期限などが人気のクレジットカードです。

陸マイラー、ホテルを楽しむ人達の間で最も人気のあるクレジットカードになります。

3位 【JALカード】

【JAL国際線特典航空券PLUS】

この制度の導入によりタイやベトナム方面のマイル数が以前だと片道17,500マイル必要でしたが

片道12,500マイルに変更になり、以前と比べ格段にJAL国際線特典航空券が取りやすくなりました。

この機会に、ぜひJALカードでマイルをためて海外旅行にチャレンジして下さいね!

 

 

-②タイ旅行編, バンコク

Copyright© とこぞうの「禁煙」で始める「海外旅行」 , 2019 All Rights Reserved.