リンカーン復活!令和初日の5/1にSP放送,出演者は誰?どんな企画?

投稿日:

「『リンカーン』復活SP!」の画像検索結果

 

「令和」への改元の日となる5月1日の夜に、ダウンタウンが司会を務めるTBS系『~令和初日お笑い祭~大復活リンカーン×ドリーム東西ネタSP』(仮)が放送されることが決定した。

よる7時からは『ドリーム東西ネタ合戦』、そしてよる9時からは平成の名物番組『リンカーン』の復活SPとなります。

 

Sponsored Link

リンカーン (テレビ番組)

『リンカーン』は2005年10月から2013年9月までレギュラー放送されていたバラエティ番組で、2014年からは『リンカーン芸人大運動会』として毎年1回放送。人気芸人たちが浜田組と松本組に分かれて競う恒例の番組になっています。

リンカーン
LINCOLN
ジャンルバラエティ番組 / お笑い番組
企画荒井昌也
演出椎葉宏治
出演者ダウンタウン
(浜田雅功・松本人志)
さまぁ〜ず
(三村マサカズ・大竹一樹)
雨上がり決死隊
(宮迫博之・蛍原徹)
キャイ〜ン
(天野ひろゆき・ウド鈴木)
山口智充(2009年3月まで)
ナレーター阪井あかね
落合隼亮
奥田民義
坂口哲夫
田子千尋
ほか
オープニングBT『The Revolution』
エンディングSam & Dave『Soul Man』
製作
製作総指揮安田淳(EP) / 内藤宏之(MP)
プロデューサー坂本義幸
制作TBS
 
放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2005年10月18日 - 2013年9月10日
放送時間火曜日 22:00 - 22:54
放送分54分

2013年9月10日の2時間SPを以って、約8年間の歴史に幕を下ろした。視聴率の低迷化が原因ではなく、レギュラー陣が中堅芸人でありコンビ以外だけでなく個人でも数多くレギュラーを持つため、全員が集まる事が困難な事が最大の原因であった。

事実、集合出来るレギュラー陣だけの企画や、別撮りの企画が数多く存在していた。

加えて、ひな壇として出演していた当時はほぼ無名であったり、一発屋だった芸人らもリンカーンをきっかけに数多く番組を持つようになった事も原因である。

火曜22時台のTBS制作の番組では「そこが知りたい」の5年4カ月(但し番組は時間帯を移動して継続)を超え最長記録を更新した(TBS制作でなければ最長は毎日放送制作の『ジャングルTV 〜タモリの法則〜』で8年半である)。

番組終了後は、レギュラー時代に毎年秋に行っていた企画「芸人大運動会」を後継番組である『水曜日のダウンタウン』の放送枠において連続して放送され、2014年以降に特別番組として年1回復活している。

  • 2014年10月8日(水曜日)21:00 - 22:54 - 『リンカーン芸人大運動会
  • 2015年10月14日(水曜日)21:00 - 22:54 - 『リンカーン芸人大運動会2015
  • 2016年10月5日(水曜日)20:57 - 22:54 - 『リンカーン芸人大運動会2016
  • 2017年10月4日(水曜日)20:57 - 22:54 -『リンカーン芸人大運動会2017
  • 2018年10月17日(水曜日)21:00 - 23:07[2]-『リンカーン芸人大運動会2018

リンカーン (出演者)

「『リンカーン』復活SP!」の画像検索結果

毎週、様々な企画に対し、レギュラー陣数名-全員が出演する。

欠席者がいる場合でもコンビの片方は出演している場合が多く、特にダウンタウンが2人とも欠席しているパターンは非常に少ない。

番組後期は欠席者がいる場合でも、下記の準レギュラー陣から人数合わせをする場合が多い。

芸歴はダウンタウン→さまぁ〜ず→雨上がり決死隊→キャイ〜ン(→山口智充)の順番になる。

 

レギュラー

  • ダウンタウン - ダウンタウンがTBSに出演するのはおよそ13年振りで、さまぁ~ずとは初仕事である。- メインキャスト
    • 浜田雅功 - 発言テロップは青(一部コーナーでの発言テロップは赤) 呼び名は「浜田さん」「浜ちゃん」
    • 松本人志 - 発言テロップは赤 (一部コーナーでの発言テロップは青) 呼び名は「松本さん」「松ちゃん」
  • さまぁ〜ず
    • 三村マサカズ - テロップは緑。呼び名は「三村」「三村さん」「ミマタ」「三村くん」
    • 大竹一樹 - テロップはオレンジ (一部コーナーでのテロップは緑) 。呼び名は「大竹」「大竹さん」
  • 雨上がり決死隊
    • 宮迫博之 - テロップは紫。呼び名は「宮迫」「宮迫さん」「宮迫くん」
    • 蛍原徹 - テロップは青緑(一部コーナーでのテロップは紫)。呼び名は「蛍原」「蛍原さん」「ホトちゃん」もしくは「蛍ちゃん」
  • キャイ〜ン - 一部コーナーでのテロップは、どっちもオレンジ
    • 天野ひろゆき - テロップは茶色。呼び名は「天野」「天野くん」
    • ウド鈴木 - テロップはピンク。呼び名は「ウド」「ウドちゃん」

2011年3月8日に大竹が結婚したため、天野が番組レギュラー陣の中では最終回まで唯一の独身であったが、(番組終了後の2014年2月22日に結婚している)復活特番では全員既婚者。

ちなみに2015年現在、離婚したメンバーはいない。また、バツイチで再婚のメンバーもいない。

 

準レギュラー

主なメンバーとしては、以下のお笑いコンビがあげられる。中でも、おぎやはぎとバナナマンが比較的頻繁に出演する傾向にある。

  • アンジャッシュ(児嶋一哉・渡部建)2010年頃から出演するようになった。基本的に児嶋が単独で出演することがほとんどであった。
  • おぎやはぎ(小木博明・矢作兼)初期の頃からレギュラーに近い存在で、特に矢作は企画を仕切ることが多かった。
  • スピードワゴン(井戸田潤・小沢一敬)初期の頃からたびたび出演していたが、2010年以降はあまり出演しなくなった。
  • バナナマン(設楽統・日村勇紀)初期の頃からレギュラーに近い存在で、特に日村は数多くの企画に参加した。
  • フットボールアワー(岩尾望・後藤輝基)初期の頃からレギュラーに近い存在で、後半はそれぞれ単独で出演することが多くなった。
  • FUJIWARA(藤本敏史・原西孝幸)初期の頃からのガヤ要員。
  • ブラックマヨネーズ(吉田敬・小杉竜一)初期の頃からたびたび出演していたが、2012年以降は出演しなくなった。
  • 品川庄司(品川祐・庄司智春)初期の頃にたびたび出演。
  • 中川家(剛・礼二)
  • 次長課長(河本準一・井上聡)
  • 南海キャンディーズ(山里亮太・山崎静代)開始当初の頃はよく出演して2006年頃以降はあまり出演しなくなったが、山里は単独で2012年1月24日放送の「説教先生」に久々に出演してる。
  • カンニング竹山
  • ほっしゃん。

引用元:wikipedia

 

『リンカーン』復活SP!

今回は、復活SPとして『リンカーン』レギュラー出演者のダウンタウン(浜田、松本)、さまぁ~ず(大竹一樹、三村マサカズ)、雨上がり決死隊(宮迫博之、蛍原徹)、キャイ~ン(ウド鈴木、天野ひろゆき)と人気芸人たちが集結。

さらにゲストも加わり、浜田チーム、松本チーム、宮迫チームに分かれ、豪華な賞品を賭けて“昔は良く見たけど今では見ることが難しい物”を探し出す「東京探し物ラリー」と、浜田組VS松本組の総勢50名以上でどちらが回転寿司の皿を高く積み上げられるかを競う「限界企画」を放送する。

また、この両番組の放送を記念して、4月24日(水)から動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で、過去に放送された番組傑作選が配信予定。

 

<プロデューサー・坂本義幸コメント>

笑う門には福来ると申します。

新たな元号、令和がスタートする記念すべき日にこそご家族そろって大いに笑っていただいて、新たな時代に福を呼び込んでいただきたいという思いです。
『ドリーム東西ネタ合戦』では、平成にブレイクした芸人さんたちが、今一番面白いネタを披露してくれるストレートな笑いでお楽しみいただきます。

そして平成のバラエティ史に数々の伝説を残した『リンカーン』のメンバー8人が集まって繰り広げる復活SPでは、レギュラー放送当時を彷彿とさせる企画物でたっぷりとご覧いただきます。

「令和の初日はテレビで良く笑った」という思い出になってくれたら幸いです。

『~令和初日お笑い祭~大復活リンカーン×ドリーム東西ネタSP』(仮)

TBS系
5月1日(水・祝)後7・00~10・57

引用元:(modelpress編集部)

 

まとめ

番組開始当初からのオープニングは高クオリティのフルアニメーションで一見するとバラエティー番組とわからないほどの出来栄えでした。

レギュラー陣も今でこそ、それぞれが多くのレギュラー番組を抱えるMCばかりですが、当時は若手から中堅に移る時期でレギュラー番組も少なかったので番組も成立していたんだと思います。

2013年9月10日の2時間SPを以って、約8年間の歴史に幕を下ろしたのも視聴率の低迷化が原因ではなく、レギュラー陣が数多くレギュラーを持つため、全員が集まる事が困難な事が最大の原因だったようですね。

リンカーンの企画は結構面白かったので、5月1日の放送を楽しみにしています!!

 

とこぞうでした。

 

 

東南アジア(タイ・ベトナム)旅行にチョイ興味があるな!と思う方は
下記のHOMEボタンをクリックして下さいね!!

 

 

お気に入り一覧表示はサイドバー(カテゴリー検索)の上にあります!

お気に入りに追加

スポンサーリンク

【おすすめ】海外旅行で便利&お得なカード・ランキング

1位 【NEOMONEY】

海外専用プリペイドカードの1種で、クレディセゾンが提供しているサービスです。

他の海外専用プリペイドカードと比較して、取り扱い通貨が約30種類と豊富なのが特徴です。

留学や修学旅行などで、お子様が海外渡航されるとき、

多額の現金を持たせるのは不安です。

13歳以上の方からお持ちいただけるNEO MONEYなら、

ご本人に代わってご家族が入金(チャージ)できます。

2位【SPGアメリカン・エキスプレス】

SPGアメックスというクレジットカードがあります。

正式名称は「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」です。

Marriott Bonvoyのゴールドエリート会員資格、毎年の無料宿泊プレゼント、ポイントを40社以上のマイルに移行可能、

ポイントの有効期限が実質無期限などが人気のクレジットカードです。

陸マイラー、ホテルを楽しむ人達の間で最も人気のあるクレジットカードになります。

3位 【JALカード】

【JAL国際線特典航空券PLUS】

この制度の導入によりタイやベトナム方面のマイル数が以前だと片道17,500マイル必要でしたが

片道12,500マイルに変更になり、以前と比べ格段にJAL国際線特典航空券が取りやすくなりました。

この機会に、ぜひJALカードでマイルをためて海外旅行にチャレンジして下さいね!

 

 

-話題のニュース

Copyright© とこぞうの「禁煙」で始める「海外旅行」 , 2019 All Rights Reserved.