ケーシー高峰さん逝く!病名は?名前の由来と医療漫談で医師免許は?

投稿日:

「ケーシー高峰 動画」の画像検索結果

 

黒板やホワイトボードを使ったお色気医事漫談で知られるケーシー高峰(たかみね、本名門脇貞男=かどわき・さだお)さんが8日午後3時35分、肺気腫のため入院先の福島県いわき市内の病院で死去しました。

85歳。山形県出身。

葬儀は近親者のみで営まれます。

医事漫談の第一人者として、半世紀以上にわたって活躍。

俳優としても渋い演技で数多くの作品を彩り、マルチタレントの草分けでした。

 

Sponsored Link

ケーシー高峰プロフィール

「ケーシー高峰 動画」の画像検索結果

本名門脇 貞男
ニックネームドクター
生年月日1934年2月25日(85歳)
出身地日本の旗 日本山形県最上郡最上町
身長174cm
言語日本語
方言山形弁
最終学歴日本大学芸術学部
師匠大空ヒット
芸風医事漫談
他の活動俳優
配偶者あり

 

来歴・芸風

山形県最上郡最上町出身。母方は先祖代々医師の家系であり、母・シヅエは生涯現役で診察を務めた産婦人科医であった。

また、父は海外出張の多い商社マンで、レコードの収集家だった。兄弟をはじめ、一族の多くが医師・歯科医師であるという

山形県立新庄北高等学校卒業後、家業を継ぐべく日本大学医学部に進学させられたが、教授と相容れなかった(本人曰く、風貌を理由にいじめを受けた)ことと、モダン・ジャズに耽溺して学業がおろそかになったことから、日本大学芸術学部に転部。同級生には宍戸錠らがいる。

在学中から「坊られい」と名乗り、クラブのMCとして業界では知られた存在となった。

「坊られい」という芸名は、ドメニコ・モドゥーニョのヒット曲『Nel blu, dipinto di blu』のサビの歌詞で英題でもある「Volare(ヴォラーレ)」と、「ぼられた」に由来する。

1957年の日大卒業後、本格的に芸人を志し、漫才師・大空ヒットに弟子入り(一部資料では、リーガル天才に師事したとしている)。

コロムビア・トップ門下の大空はるか(後の青空はるお)と下ネタ専門の漫才コンビ「大空はるか・かなた」を組み、自らは「かなた」を名乗った。コンビは南千住の「栗友亭」を拠点にそこそこ売れたものの、東京漫才界の対立騒動に巻き込まれて解散。

1968年、「ケーシー高峰」に改名し、漫才時代同様のエロネタをかける漫談家に転身した

このかたわら、1970年代末以降、ピンク映画でヤブ医者役(必ず性病科か産婦人科)を演じるなど、コミックリリーフ担当の俳優として多くの作品に出演する。

渋い脇役のこなせる性格俳優としても開眼し、『夢千代日記』(1981年、NHK)でのシリアスな演技が高く評価されたほか、『木更津キャッツアイ』(2002年、TBS)ではオカマのヤクザという極めて難しい役柄を演じてみせた。

俳優業でノーマルな役柄を演じることが増えるにつれ、その鬱憤を晴らすがごとく高座には更に磨きがかかり、従来の都会的(バタ臭くカッコ付ける)なスタンダップ・コメディ路線から、丸出しの山形弁で恫喝まがいの客いじりをする泥臭い芸風に進化して、爆笑王の地位を不動のものとする。

立川談志は「ドクターは凄(すげ)ぇ。ドクターに勝てるスタンダップ・コメディアンは、俺かビートたけしくらいだ」と、その芸のセンスを評価した。1990年頃、落語芸術協会に入会(のち脱退)。

2005年に白板症(舌癌)に罹患したが、完治させて復帰する。

療養中にもかかわらず予定されていた独演会を敢行した際は、黒板を前に一言も喋らず舞台を務め上げ、身振り手振りと筆談だけで観客を魅了。

「私のがんは……子宮がんです」「病床でも、いつ女を抱けるかなと考えていた」「顔は悪性です」 などとギャグを飛ばし、ゲストのおぼん・こぼんから「師匠は、喋らなくても笑いが取れる」と感服された

80歳を超えた現在でも演芸番組の常連として活躍。

芸風はやや変化しており「グラッチェ」などは使用しなくなった一方、客いじりを織り交ぜつつ、駄洒落や下ネタを織り交ぜた高座を展開している。

2019年4月8日、福島県いわき市の病院にて肺気腫により死去

引用元:wikipedia

 

ケーシー高峰さんの名前の由来

今の人には絶対うけない真面目過ぎるくらい真面目でも高視聴率

だった「ベン・ケーシー」のビンセント・エドワーズ

(1928~1996。188㎝)。

1968年、「ケーシー高峰」に改名し、漫才時代同様のエロネタをかける漫談家に転身した

名は自身が医師志望であった過去を活かし、医師が主人公のテレビドラマ『ベン・ケーシー』からとり、屋号の「高峰」は、ケーシーの少年時代、地元の最上町に映画『馬』の長期ロケでやって来て、一目惚れした女優の高峰秀子の名字から名付けた(のちに天才・秀才門下の芸人がケーシー門下に移った際、自身の屋号「高峰」を名乗らせている)。

ケーシーは「セニョリータ」「グラッチェ」など怪しげなラテン系単語と、軽妙洒脱な下ネタを駆使し、『大正テレビ寄席』のセミレギュラー出演などを通じて、お茶の間の爆発的人気を博した。

1969年には演芸番組『おいろけ寄席』(東京12チャンネル(現:テレビ東京))の司会に起用された。

 

ケーシー高峰さんの病名

8日午後3時35分、肺気腫のため入院先の福島県いわき市内の病院で死去した。85歳。

肺気腫

酸素と二酸化炭素の交換を行う肺胞の組織が壊れ、肺にたまった空気を押し出せなくなる病気。

タバコが一番の原因とされるが、喫煙をしていなくても発症することがある。

息切れ、せきなどが主な症状。薬の服用や酸素の吸入などが主な治療法で、禁煙や適度な運動が必要。

一度壊れた肺胞は元には戻らないため、治療で進行を抑え、症状を改善することしかできない。

 

医療漫談で医師免許は?

医療漫談で有名なケーシー高峰さん。「ドクター」の愛称で親しまれていますね。

 

白衣姿で行う漫談は堂に入っており、医療の知識も豊富であるころから

 

当然医療免許も持っているものだと思っていました。

 

ところが調べてみると、

 

ケーシー高峰さんは医療免許をもっていないようです。

 

日本大学医学部に所属していたことはあるそうですが、教授からのいじめをうけていたことやモダン・ジャズにはまってしまったこともあり、医学の勉強に身が入らず芸術学部に転部してしまったそうです。

 

なので最終学歴も「日本大学芸術学部」となっています。

 

では医療漫談で披露される数々の知識はどこで身につけたのでしょう?

 

医療従事者である兄や母から医学書を借りて独学で勉強したようです

 

ネタ集めのために医学書を読みあさるなんて、やはりケーシー高峰さんは医者の才能があるのではないでしょうか?

 

しかし芸人の道にすすんだからこそ我々は医療漫談を楽しめているわけで・・・

 

「病は気から」という言葉があるように、「笑うこと」は病気を遠ざける力があると思います。

 

人々を漫談で笑わせるケーシー高峰さんは医療免許をもっていなくても、

 

すでに立派な「医者」なのかもしれませんね。

 

まとめ

ケーシー高峰さんといえば、白衣姿で黒板などを用いて医療に関する漫談を繰り広げる、いわゆる医療漫談の第一人者として長らく芸能界で活躍していました。

とこぞうも、ケーシーさんがお若いころにテレビでよく観ていましたが

最近は芸人と言うより俳優としてのほうが印象深いですね。

今となっては、下ネタで活躍している芸人さんは?と聞かれてもパッと思い浮かびませんが、とこぞうが思うに一番の下ネタ芸人はケーシー高峰さんですね♪(笑)

 

心よりご冥福をお祈りいたします。

 

とこぞうでした。

 

 

東南アジア(タイ・ベトナム)旅行にチョイ興味があるな!と思う方は
下記のHOMEボタンをクリックして下さいね!!

 

 

 

 

 

お気に入り一覧表示はサイドバー(カテゴリー検索)の上にあります!

お気に入りに追加

スポンサーリンク

よく読まれている記事

【おすすめ】海外旅行で便利&お得なカード・ランキング

1位 【NEOMONEY】

海外専用プリペイドカードの1種で、クレディセゾンが提供しているサービスです。

他の海外専用プリペイドカードと比較して、取り扱い通貨が約30種類と豊富なのが特徴です。

留学や修学旅行などで、お子様が海外渡航されるとき、

多額の現金を持たせるのは不安です。

13歳以上の方からお持ちいただけるNEO MONEYなら、

ご本人に代わってご家族が入金(チャージ)できます。

2位【SPGアメリカン・エキスプレス】

SPGアメックスというクレジットカードがあります。

正式名称は「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」です。

Marriott Bonvoyのゴールドエリート会員資格、毎年の無料宿泊プレゼント、ポイントを40社以上のマイルに移行可能、

ポイントの有効期限が実質無期限などが人気のクレジットカードです。

陸マイラー、ホテルを楽しむ人達の間で最も人気のあるクレジットカードになります。

3位 【JALカード】

【JAL国際線特典航空券PLUS】

この制度の導入によりタイやベトナム方面のマイル数が以前だと片道17,500マイル必要でしたが

片道12,500マイルに変更になり、以前と比べ格段にJAL国際線特典航空券が取りやすくなりました。

この機会に、ぜひJALカードでマイルをためて海外旅行にチャレンジして下さいね!

 

 

-話題のニュース

Copyright© とこぞうの「禁煙」で始める「海外旅行」 , 2019 All Rights Reserved.