稲葉圭昭の事件背景と現在の職業は?学歴と経歴&畑中絹代のその後は?

投稿日:

「稲葉圭昭 家族」の画像検索結果

 

Sponsored Link

稲葉圭昭の事件経緯

2002年7月5日、札幌市内で飲食店を経営しているW(40)は、自ら覚醒剤を持ち、札幌北署に出頭し逮捕された[1]

Wは、生活安全特別捜査隊班長である稲葉圭昭警部が覚せい剤を使用していることや大量に所持していることを供述した[1]。供述した相手は札幌北署の警察官ではなく、勾留質問を行った札幌地裁の裁判官だったとされる[2]

道警薬物対策課は7月10日午前、勤務中の稲葉に任意同行を求めて尿検査を実施し、覚せい剤反応を示す陽性反応が出たため、同日午後に覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕した[3][1]。北海道警察で、現職警官が薬物使用で逮捕されるのは初めてだった[3]。道警は、稲葉を7月12日付で懲戒免職処分にした[4]。裁判で稲葉は、2000年秋頃から、上司との軋轢によるストレス解消のため、覚せい剤の使用を始めたと証言している[5]

さらに道警薬物対策課は、稲葉本人の名前で借りていたアジトを7月18日に家宅捜索したところ、ロシア製の自動式拳銃PSM一丁と、ビニール袋に入った覚せい剤0.44gを発見。対策課は7月31日、銃刀法違反(拳銃の不法所持)と覚せい剤取締法違反(所持)容疑で稲葉を再逮捕した[6]。また同日、札幌地検は覚せい剤取締法違反(使用)容疑で稲葉を起訴した[6]

薬物対策課は7月23日、中央区にある稲葉の自宅マンションの家宅捜査にて、覚せい剤約92.9g[5]を発見。密売目的と判断し、8月21日、稲葉を覚せい剤取締法違反(営利目的所持)容疑で再逮捕した[7]。密売では、約2000万円を超える利益を得たと後の裁判で認定されている[5]

札幌地検は9月11日、覚せい剤取締法違反(所持)及び銃刀法違反(所持)容疑で稲葉を追起訴した[8]

10月17日、稲葉を含む当時の銃器対策課の4捜査員が、偽証他の容疑で書類送検された[9]

これは1997年11月14日、小樽市内でロシア人船員が拳銃と実弾を持っていた銃刀法違反、加重所持で、有罪判決を受けた事件で、逮捕現場に捜査協力者であるパキスタン人がいたにもかかわらず、K警視の指示で捜査書類に記述せず、さらに公判でも「パキスタン人がいたことは確認していない」と偽証した容疑である。公判でロシア人の弁護側は「銃と中古車の交換を持ちかけられ、持ち込んだ。違法なおとり捜査だ」と主張したが退けられ、懲役2年の実刑判決が確定した[9]。稲葉事件発覚時には出所して、既に帰国していた。

送検されたのは稲葉、元北海道警察釧路方面本部生活安全課長のK警視(7月に自殺、後述)、道警外事課指導官のN警視(51 当時道本銃器対策課長補佐)、釧路署生活安全課係長C警部補(43 当時道本銃器対策課主任)。当時の銃器対策課長と次席(いずれも警視)は、関与がないとした[7]

12月27日、札幌地検は稲葉の虚偽公文書作成・同行使容疑及び偽証容疑、Nの虚偽公文書作成・同行使容疑、Cの偽証容疑について、いずれも起訴猶予処分とした。Kについては容疑者死亡で不起訴処分とした[10][11]。札幌地検は、合法的なおとり捜査だったと判断した[10]

 

事件背景

稲葉は北海道門別町出身で、北海高等学校、東洋大学では柔道部で活躍した。1976年に道警へ入り[3]、暴力団捜査に長く携わった。

金丸信副総裁狙撃事件をはじめ全国的に続発する拳銃事件に対し、警察庁は1993年頃から全国の警察へ大号令をかけた銃器摘発キャンペーンを受け[12]、道警は1993年4月、防犯部(現:生活安全部)に銃器対策室(1996年に課へ改組)を設置し、稲葉は旭川中央署から初代捜査員の一人として配属された[13][14]

2001年4月に警部へ昇進し、生活安全特別捜査隊へ異動するまでの8年間で、稲葉は約100丁近い拳銃を押収した。銃器対策課の元捜査員は、「稲葉! 今月も何とかならんか」と幹部がげきを飛ばすと、通常なら10回は捜査するところを、稲葉は数日後にいとも容易く拳銃を押収してくる、というやり取りが繰り返されていたと話している[13]。その多くは、誰が持ち主かわからないまま押収される「首なし銃」と呼ばれる拳銃であり[13]、そのほとんどが捜査協力者との裏取引で手に入れたものであった。後の公判で稲葉は、約70丁が捜査協力者から入手し、摘発を装ったものと述べている[15]。なお「首なし銃」については、1993年の銃刀法改正による「自首減免」制度が大きく影響している[12]

稲葉は暴力団員らと接触して捜査協力者を増やし、情報入手のために飲食代を負担したり小遣いを渡したりしていたが、資金の工面に困るようになる。そのため、協力者とともに拳銃や覚せい剤の密売に手を染めるようになった[16]

稲葉は密売で手に入れた金を、交際していた巡査部長(後述)との交際費や、外車の購入にも使っていた[5]

稲葉のことを自供したWも捜査協力員の1人であり、稲葉とは長年親密な関係にあった[17]。Wは小樽港で、中古車の輸出などに関わっていた[1]が、稲葉と金銭トラブルが生じたため、自供する道を選んだ。

引用元:Wikipedia

 

稲葉圭昭の現在の職業

いなば探偵事務所代表

「困っている方のお役に立ちたい」
 
私は北海道で長らく刑事として携わり、様々な事案を見てきました。
その中での経験を活かし、困っている方々のお役に立てないかという気持ちで探偵社を設立しました。
札幌で探偵社はたくさんありますが、その中でも依頼者の方と膝を交えて相談させていただき、丁寧にお一人ずつ解決していきたいと思っています。
 
浮気や不倫、これらの行為はやはり依頼者の方にとってはお辛い事でしょうし、毎日不安な中で過ごされていると思います。
ご依頼いただく事で明るい次の生活を手に入れるお手伝いができれば幸いです。
また、調査に関しては何十年も積み重ねてきたベテランであるという自負もあります。
各種調査、どうぞ気軽に、とは言いませんがまずはご一報、相談いただければなるべく丁寧にお話していきます。

 

《プロフィール》

東洋大学を卒業後、1976年に北海道警察に採用され、機動隊に柔道特別訓練隊員として配置される。
道警本部機動捜査隊、札幌中央署刑事第二課、北見警察署刑事課、旭川中央署刑事第二課を経て、1993年、道警本部防犯部保安課銃器対策室(後の生活安全部銃器対策課)に異動。
銃器捜査に携わるようになる。
道警銃器対策課が主導した「警察庁登録50号事件」や「ロシア人おとり捜査事件」、「石狩新港泳がせ捜査」など、数々の“違法捜査”に関与。
捜査費を捻出するため、自ら覚醒剤の密売に手を染めるようになった。
2002年、現役の警部としては道警史上初めて覚醒剤使用で逮捕され、懲戒免職。
覚醒剤取締法違反、銃刀法違反の罪で懲役9年を宣告される。
2011年9月、刑期満了。
著書に自らの過去を書き綴った『恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白』があり、これが映画『日本で一番悪い奴ら』の原作となった。
猫好き。

 

畑中絹代のその後

交際相手の畑中絹代とは

稲葉圭昭の交際相手は、道警本部銃器対策課の畑中絹代巡査部長(当時)でした。交際相手の畑中絹代は、当時33歳でした。

畑中絹代が、稲葉圭昭が2人の交遊費として使っていたお金が稲葉事件の根底をなす汚いお金だったことを知っていたかどうかはわかりません。しかし、彼女も同じ警察組織に属する人間でしたから、全く知らなかったということはなかったのではないかと思います。

交際相手の畑中絹代のその後

畑中絹代も、稲葉事件に関連して犯人隠匿および稲葉圭昭の覚せい剤使用事実隠匿の罪を犯し、懲戒免職処分となりました。畑中絹代の処分と先の稲葉事件関連で書類送検された2名の処分は、バランスが取れたものといえるのでしょうか。

なお、畑中絹代の現在については情報がなく、現在どのように暮らしているのかについてはわかりませんでした。

ネット上には、畑中絹代の現在について「その後きちんと社会復帰を果たし、2011年12月にシマノレーシングの畑中勇介選手と結婚し、サイクルライフナビゲーターの活動もしながら幸せに暮らしている」との記事が出ていますが、畑中勇介選手夫人の畑中絹代氏は、同姓同名の別人のようです。

 

まとめ

NNNドキュメント’19 「自爆」元警部の告発 日本テレビ系=2日深夜0時55分

2002年に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕され、懲役9年の有罪判決を受けた北海道警の元警部、稲葉圭昭氏(65)のインタビュー番組が放送されSNSで話題になっていたので少し調べてみましたが、警察組織の闇は深いですね!

 

とこぞうでした。

 

 

東南アジア(タイ・ベトナム)旅行にチョイ興味があるな!と思う方は
下記のHOMEボタンをクリックして下さいね!!

 

 

 

お気に入り一覧表示はサイドバー(カテゴリー検索)の上にあります!

お気に入りに追加

スポンサーリンク

よく読まれている記事

【おすすめ】海外旅行で便利&お得なカード・ランキング

1位 【NEOMONEY】

海外専用プリペイドカードの1種で、クレディセゾンが提供しているサービスです。

他の海外専用プリペイドカードと比較して、取り扱い通貨が約30種類と豊富なのが特徴です。

留学や修学旅行などで、お子様が海外渡航されるとき、

多額の現金を持たせるのは不安です。

13歳以上の方からお持ちいただけるNEO MONEYなら、

ご本人に代わってご家族が入金(チャージ)できます。

2位【SPGアメリカン・エキスプレス】

SPGアメックスというクレジットカードがあります。

正式名称は「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」です。

Marriott Bonvoyのゴールドエリート会員資格、毎年の無料宿泊プレゼント、ポイントを40社以上のマイルに移行可能、

ポイントの有効期限が実質無期限などが人気のクレジットカードです。

陸マイラー、ホテルを楽しむ人達の間で最も人気のあるクレジットカードになります。

3位 【JALカード】

【JAL国際線特典航空券PLUS】

この制度の導入によりタイやベトナム方面のマイル数が以前だと片道17,500マイル必要でしたが

片道12,500マイルに変更になり、以前と比べ格段にJAL国際線特典航空券が取りやすくなりました。

この機会に、ぜひJALカードでマイルをためて海外旅行にチャレンジして下さいね!

 

 

-話題のニュース

Copyright© とこぞうの「禁煙」で始める「海外旅行」 , 2019 All Rights Reserved.